読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「2年目のジンクス」があろうとも… FC東京U-23 2017シーズンプレビュー

難敵相手に開幕2連勝と最高のスタートを切ったFC東京。その勢いを追い風に、いよいよU-23も開幕を迎える。3/12(日)14時キックオフ。場所は新木場、夢の島競技場。相手は浮氣哲郎率いるカターレ富山である。 新人選手6名を迎えた今季の選手編成について、以前…

篠田監督のキュレーションは青赤を悲願へと導けるか FC東京 2017シーズンプレビュー

プレシーズンにおいて、各メディアがこぞってFC東京を持ちあげる様は毎年恒例の催し事なので、そこに特に感想は無い。鍛えられた(いや、鍛えられてしまった)いちFC東京サポとしては「それでもダメだった」病巣を根治しなければ意味が無いことも、これまで…

”本気のクラブ”と戦った29,700分が若き青赤戦士の養分となった FC東京U-23 2016シーズンレビュー

端的に言えば、楽しかった。FC東京U-23。やはり新しいチャレンジはしてみるものだなと思うばかりである。 U-23チームのJ3参戦。その激動の1年目が終え、結論として「成功だった」という感覚値は、世間・各クラブ・サポーター共通の認識だと思われる。もちろ…

「コバショー来年もヨロシク」のお話

2016年J1リーグ最終節、名古屋グランパスvs湘南ベルマーレの試合はスカパーLIVEで観ていた。同時キックオフでFC東京の試合ももちろん放送されていたけれど、それをセカンドスクリーンに追いやってまでこの試合を優先したわけだから、そこに「FC東京サポとし…

「久保建英君」は、日本で成長し「俺らのタケフサ」になった

久保建英君が元々すごい選手だったことは間違いない。ただ、より凄くなっていく「過程」も、自分は日本で見てきたつもりだ。 FC東京には、叱ってくれる仲間がいた。U-15むさし時代、ある試合で自らのボールロストを追いかけない彼を叱ったのは、ピッチ上の仲…

短期間で監督を解任する事は悪ではない FC東京の来季監督を考える

「篠田監督の在任期間」だけをみて「留任」を唱えるのも、それはそれで無思考でしかない、と自分は思う。つまり、重要なのは「短期間で監督を解任」する事が悪なのではなく、「短期間で解任しなければいけない程度の監督を選任」する事が悪なのだ。

篠田監督が失敗した「台本」と「アドリブ」の潮目 レビュー FC東京-浦和レッズ

負けてイライラしたときは、ブログを書くに限る。だからたまにはマッチレビューでも書き殴ってみる。 1-0でリードしている場面で、さてどう考えるか? 重要なのは、もう1点獲っていれば「勝っていたかもしれない」が、1-0を守り切っていれば「確実に勝ってい…

FC東京が甘く見た「筋違い」は時間が解決するわけでは決してない

勘違いしてはいけないのが、5月の城福東京が手にしていたあの高い守備力は、所詮4-1-4-1システムで9人ものプレーヤーを用いて得られたものに過ぎないということだ。ブロック敷いて中央を固めて、アンカーである高橋秀人が守備のフリーマンとして2ライン間を…

FC東京の人気低下を、観客動員数6,000人減よりも「FC東京魂の盛り上がらなさ」に実感した話

あんな鳥栖戦の後だったからと、すごい久しぶりにFC東京魂を見た。 今日のMXテレビ FC東京魂は 「悪夢の鳥栖戦ハイライト 痛みを伴うラスト2分はノーカットハイライト」誰が見るんだ…録画予約したけど — よっさん@東京 (@yosid6) 2016年7月7日 制作側も最高…

FC東京U-23はもしかしたら儲かるかもしれない、というざっくりマンデー

FC東京がU-23でチームを結成しJ3リーグ興行を行うにあたり、クラブスタッフ的には「チケット代金は500円でもいい」とも考えていたらしい…なんて話をチラッと伺った。それが結果的に¥1,700(ホーム大人前売)というプライシングとなったのは、周辺クラブ運営…

橋本拳人たまんねぇおじさんは悩んでいる、けんてぃのラスポジを

U-15深川時代は、トップ下。10番を背負い、攻撃を牽引し全国を制した。 U-18時代は、ボランチ。守備で強度を見せ、足を伸ばしてボールを何度と奪ってみせた。 その後トップ昇格を果たし、経験を積むためにロアッソ熊本へレンタル移籍。 熊本時代は、CB。高さ…

2016シーズン新体制記者発表会 頂戴って空目するなって方が無理があるわ

出席はせず、内容はワッショイ兄やんのところで把握。後で書き直すなり、体裁整えたりするなり、するかもしれないけどとりあえずザッと書いてうp。何たって、今年はブログを更新しようと決意をしたのもあるのでw 再定義するぐらいだったら、別用語を使って…

P.S.元気です、丸山祐市。

いちFC東京サポとして、彼の帰還は悩ましいものでもあった。 貸出先である湘南ベルマーレでの活躍は、十分すぎるほどに伝え聞いていた。空き時間にたまたまスカパーで湘南の試合を観ると、チーム全体が攻撃的に縦に紡ぐ中で、丸山は3バックセンターでオール…

武藤嘉紀はFC東京でこれ以上Market Valueを高める事が出来るのか問題を考える

サッカーは振り子の様に左右に行ったり来たり。河野システムで3枚で攻めたからこそ、昨年の失点数減を生み、また得点数減ともなった。そして今年はその振り子を逆に傾けるのならば…と、そのまま振り子に自由にさせていてはまた繰り返すのみ。強いチームとは…

アッレグリの3センター論から考える、今季のFC東京 -G大阪戦

開幕前に読んだこの記事が、かなり刺激的でかつ理解が深まる好記事だった。 【コラム】アッレグリの3センター論から、アジアカップでの敗北を再考する。(前篇) http://qoly.jp/2015/03/03/column-yuuki-three-central-midfielders-vol1 【コラム】アッレグ…

煽りVも無しに観客動員数が増えるワケがないじゃないのさ!

私には、仕事のイライラをFC東京HP「ご意見箱」にぶつけるという酷い習慣があるのですが、先日久しぶりにそのご意見番に、馬鹿みたいに長いご意見をぶっ込んでやりました。それをこちらにも転載しておきます。パッと見ただけでも、あぁコイツ馬鹿みたいに長…

味スタが『今日も4万人越えたね』となるために 〜その3〜

その2からだいぶ遅くなったので、前回までのあらすじ。セレッソ戦では12人もの人を招待することに成功した我々(殆どは友人のおかげ)。試合は負けてしまったとは言え、海外サッカー厨に「いやぁJリーグ舐めてたわ、面白かった」と言わせるくらいには、みん…

味スタが『今日も4万人越えたね』となるために 〜その2〜

昨今流行りの「見出し詐欺」は、連載モノには向かないものなのですね(震え声)というわけで前回のつづきです。今回のセレッソ戦、友人は招待券を用いて12人もの人を味スタに連れてくることに成功しました。果たして、何故これほどの人数を実現出来たのか?…

味スタが『今日も4万人越えたね』となるために 〜その1〜

11.10、セレッソ大阪戦。この試合「日本を代表する戦い」と銘打って、クラブ側も本気の集客を行いました。SOCIO向けに多くの招待券をばら撒き、「5時に夢中」では徳永がマツコに触られ、その影響もあってチケットも席種によっては完売と大盛況。自分にはいつ…

タマは『タマ』なのであって『タマちゃん』じゃねえよ舐めんなボケ ナビスコ鳥栖戦

言いたいことの全ては表題で既に済んでいるので、あとは後座程度にお楽しみ下さい。 いよいよかと思われていたところで、まさかのスタメン落ち。その胸中や如何に?と気にしていた河野は、しかし試合前アップが始まってもピッチ上に顔を出さなかった。控え組…

完勝のポイントは「右サイド1トップ・ルーカス」にあり

これほどの『ぐう完勝』となると、当然、良かった部分ピックアップし甲斐あるポイントは複数の候補が挙げられる。例えば、守備の集中ぶり。切り替えの早さや寄せの深さ、何より引いて守るブロック守備の精度とその使い分け。グルイッチコーチ主導によるこの…

2013シーズンはじまる前に

きっちり書くとなると構成考えたりが重すぎるから、メモ残し程度に吐き出しておきます。 チーム作りのために、監督には少なくとも3年は任せてあげないと。これは今の日本の、もしくは世界の定説となって語られている。自分もその定説を信じ切って、城福3年目…

何も分かっちゃいない瓦斯サポ糞野郎にこっそり教える北九グルメ

親父の実家が北九州は小倉だったのもあって、夏休みになると毎年小倉のばあちゃんの家に遊びに帰ってた。厳しくていろいろとうるさいばあちゃんだったけど、滲み出る『品』みたいなものは、ガキンチョなおれでも十分伝わるくらいにあったのを今でも覚えてい…

今の俺に必要だったMAZO飯ことフェジョアーダのつくりかた

草津戦はスカパーにて視聴。個人的には、かなりキツイ試合でした。現地で応援してくれた皆さんにおかれましては、より…いや自分の立場じゃとても想像は出来ないな。お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。もちろん思うところはあるし、いろいろ…

そのパスは貴方のために レビュー -千葉戦

レビューにおいて、基本「決定力不足で…」とか「決めるべき時に点を決めなかったから…」っていう物言いはしないように心がけている。それはサッカーの本質として、サッカーの勝敗は得点によってのみで決まるゲームなわけだから、負ければ「得点が決められな…

奪還せよ! プレビュー -ジェフ千葉戦

3/5、J開幕鳥栖戦から2日前の木曜日。大熊東京は鳥栖戦に向けて入念なセットプレー対策を行っていた。CKにFK、左右中央と様々にボールを置き、ポイントを設定する。キッカーとして立つのは大熊監督。スタメン候補としてゴールマウスを守る塩田仁史は、壁を…

城福東京からの、大熊東京のチームメイク?

ネタは引っ張るもんじゃないな、と痛感しているのが現在です。平山相太の怪我はチーム状況としても痛いし、平山自身にとってもこれほど大きな怪我に見舞われるとは…と思うとショックが大きいです。特に、このような今の地震が続く状況で怪我ともなると、本人…

君は今の小平を知っているか

TM横河武蔵野戦は観に行けず、今回の松本山雅戦はスカパー様にてTV観戦。元々、開幕鳥栖戦以降は生観戦は予定上当分無理そうだったんだけど、さすがに今回は観に行きたかった…現地の空気感、特にアルウィンのあのロケーションを堪能できないってのはもったい…

”和”と”積”に、勝つ者負ける者 J2第1節 東京1-0鳥栖

チームビルディングを続けてきたプレシーズンからいよいよ、マッチデイを睨んだルーチンワークへの突入。その開幕ウィークは、これまでのプレシーズンからの流れを引き継いだものにはならなかった。 基準の4-4-2にスタメンをどう組み込むか?そこに何を求め…

今年の大熊東京を現実的に眺める

いよいよ今週末に開幕を控える段階にまで来たっていうのに、いまいちスイッチが入りきらない所以は何を隠そう、LIVREのオフ会に参加できなかったからに他ならない。何気に皆勤賞だったというのに都合があって行けなかった不覚あぁ不覚。なので、ひとりオフ会…

あのとき

俺だって、馬鹿じゃない。仮にもFC東京を愛し、そして我らがJリーグを愛する人間だ。だから、「Jリーグらしい展開」だって、頭には過ぎる。俺は、何となく分かってたのかもしれない。だからこそ。西京極でのあの日は、運命といかに抗うか?の1日だったのかも…

内容が良いワケが無いじゃないのさ!

今回は大分のご無沙汰になりました。前回更新を調べてみると…なんと5月末のプリンスリーグ東京ダービーのプレビュー以来!三ヶ月近くも開けてしまいました。その間、プリンスリーグが終わるどころかクラ選まで終わり、なんと南アW杯まで終わってましたよ! …

言いたくて仕方がなくて 素直になれなくて レビュー -清水戦

ここ最近のFC東京は、何だか良くも悪くも注目されてるのかなぁと思うことが多くて。いろんな方にまぁよく観ていただいている。その要因の大部分が「立地」であることは明らかで。改めて「首都のクラブ」である『だけ』で勝手に生じるアドバンテージの強さを…

スパイラルのその先は… GWのFC東京と清水戦ちょいプレビュー

現場主義を謳う自分でも、現実的には諸々の事情によってそれが叶わないことは多々あるもので。面白そうなものがバッティングしてしまった時に、どちらを選ぶか?ってのも例えばそうだし、時間的もしくは距離的に無理なこともある。なにより金銭的な事情。ま…

こだわりを積み重ねて レビュー -C大阪戦 -大宮戦

一手五年。寿司における理想の形状は、「地紙の型」と呼ばれる。これを強すぎず弱すぎずの絶妙な力加減で、寿司職人は握ってみせなければならない。しかし、扱うのは生の魚。人の体温で長く触るのは鮮度に関わる死活問題だ。そのために、いかに魚に触れるこ…

プリズン・ブレイク レビュー -浦和戦

試合があったのが日曜日。ビデオを見直したのが火曜日。そして書き始めて…そんな今この段階でも、イライラはおさまっていない。とてもじゃないけど試合直後の挨拶では拍手も出来なかったし、そそくさにスタジアムから出てやったし、埼玉高速鉄道にカネを落と…

この1勝が12月の奇跡を左右する レビュー -マリノス戦

マリノスの試合前ウォームアップが、非常に気になった。ピッチに登場した「変なユニフォームの人達」に(いや、どっちも変ではあるんだけど、この場合はマリノス側ね)、ちょっと違和感に気がついてから、注目してみるとどうもバラバラ。この時間においての…

ポスト「第3回青赤ブロガーオフ会」に今季の東京でもそろそろ妄想しようよ

開幕前週のお披露目試合が無くなって久しい昨今。なもんで、開幕モードにバチンとスイッチが入るチャンスもあまり無くなってしまいました。まぁ、ここ最近はビックリするほど更新頻度も少ない当ブログですし、久しぶりに書いてみればW杯イヤーもあってか全て…

さよならは別れの言葉じゃなくて -新潟戦

この試合の位置付けをまずはっきりさせなければいけない。いくつもの正解があっただろう。ACL出場への、細い可能性を信じて。またシーズンラストを綺麗に締めくくるために。もしくはいつもの試合と変わらずに「勝つ」ただ一点のみを求めてか。そもそも要素が…

笑ってサヨナラ -神戸戦

前日に、やっとの神戸戦はもうサクっとね。 チームとしては物足りないけど、選手個々はよくやってくれてた。そんな試合。そういう試合って、物言うにはなんとも難しいもんで。足りないのを埋めるために「ガンバレよ」と選手に言えない。選手の出来はいいんだ…

カップウィナーの誇りはどうした? -千葉戦

所詮は感想文だから。だから自分は、自分が「悪し」と思ったモノ全てに対して「それはダメだ」と言ってしまう。それが例えば商業的な話になれば、字数制限はもちろんあるし、世への出方だってより多くの「人生」を介して発信される分だけフィルターにかけら…

夢のパラダイスよ… 高円宮杯関東代表決定戦 柏U-15 - FC東京U-15深川

柏U-15の強さは「監督が吉田達磨」だからの一言で片づけられるのだが、それではあまりにも不親切なのでもう少し続ける。日本の誰もが求めたがる「パスサッカー」を信条としながらも、しかしその完成品は唯一無二といって間違いではない。「人もボールも」動…

青赤の3バックが最強の敵に挑む 明日11/15高円宮杯出場チーム決定戦のご案内

明日11/15の13時半から、深川グランドにてFC東京U-15深川と柏レイソルU-15の試合が行われます。この試合は、高円宮杯U-15全国大会の出場権を賭けた関東大会のBブロック決勝戦となります。 今年の夏には可楽blogさんが中心になって、東京の下部組織を応援す…

レッドボルテージ(発熱的な意味で) -浦和戦

悔しい敗戦に頭がクラクラする…と思ってたら本当に風邪ひいた。喉痛い鼻水垂れる体温は上がったり下がったりといわゆるしんどいパターン。どうせならサカつく6発売されてから風邪ひきたかったな(笑)ということで、浦和戦を振りかえろうとしても思い出される…

FC東京は国見高校を応援しています! -草津戦

方やこちらは感想当日出しなのは、それはたぶんサカつく6買った後は間違いなくネット世界からオサラバすると思ったからです。つまり、今日フラゲしてたら感想書きすらしなかったという事です(笑)予約してないんだから、フラゲしてくりゃ良かったな…まぁいい…

祭りの楽しみ方ってのを教えてやるよ レビュー ナビスコ09決勝 -川崎戦

選手は、背負った想いとプレッシャーに振り回された。明らかに出来の悪い立ち上がり。川崎の攻勢は予想できたものだったが、その前の段階、明らかな固さ・緊張が自身のプレーの足を引っ張る。カボレ・ナオよりも実はチームの生命線であろうクワトロボランチ…

カップの奪い方はレジェンド達が教えてくれた レビュー 04決勝 -浦和戦

決戦に向けて最後の週末。抑えきれない盛り上がりを受け止めきれたのか否か、この週末の小平グランドは非常に盛況だったらしい。他にもユースの試合を観戦しに、深川グランドへ。または決戦に向けて自前のゲーフラを仕込んだり。 各々の準備、その全ては来る…

ナビスコ決勝童貞が、当日に向けて色々困っているようです

「上から目線で、偉そうに」でおなじみの当ブログですが。先日も、日立台で喉ぶっ潰すまでユルネバを謳いあげるつもりだったのにまさかのチケット完売で行けなかったりなど「何だお前?」感満載なんですが。それはまぁ、TVでですがしっかりと勝利を見届けま…

Climax Series レビュー -清水戦

シーズンも佳境を迎えて、いよいよ各所で迎えるクライマックス。人はそれを「天王山」だなんてフレーズで呼ぶが、そもそも天王山という言葉の意味を調べてみると… 例えば「天王山 意味」をgoogleで検索すると、ヒットした件数は約 53,300 件。その先頭で表示…

フットボールの神に抗う決意表明 -柏戦

実は、このエントリの書き出しは金曜日の時点で書き始めていた。代表召集によるリーグ中断。その間、代表に召集された選手は選手で、また小平に残った選手は選手で、非常に充実した時間を過ごしていた手ごたえってのを傍から見ていて実感していた。そしてそ…