一昨年よりも「凄いモノを見た」感が強かった日本ダービー

牝馬という色眼鏡抜きにしても化け物じみた強さは十分に感じました。200の標識の前に居た自分としては、あのとてつもない末足で目の前を通り抜けたときのトリハダ感は一生忘れません。レース直後に場内に漂ったため息は一昨年の時のそれよりもあまりにもリアルなものでした。
推定上がり33.0だなんて、化け物です。
本気で凱旋門が見えた、怪物よりも抜群に期待している自分がいます。