読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年イチのブーイングに偽り無し レビュー -横浜戦

FC東京

引き分け。勝ち点1。なのに試合後には今年イチのブーイングが。
これは多くのことを語っていると思います。
ブーイングは当然でしょう。この試合に関しては内容が酷かった。結果が出ないここ数試合でも、内容に大きな酷さも感じなかったし汲み取れる部分もあったので一定の評価をし続けてきた自分も、この試合に関しては久しぶりに胸糞悪いふっざけんな!な試合後感を感じる事が出来た(自分も普通のサポみたいでよかった)。またロングスパンで見た時の通過点として捉えた時には、ブーイングについては是非も問われてしまうかもしれないが、好意的に捉えればこれは、城福東京の可能性をスタジアムの住人が感じてしまった・共有した表れとも言えるのではないでしょうか。

平山でなく赤嶺を入れた時点で、内容的にはゴールに向かって手数をかけずにシンプルに行く志向に傾く。平山の起用、特にトップ下的な現在の起用法は、開幕前から唱えていた「MOVINGへの貢献」を実践する向きになって、その通りの内容を多少の波はありつつも続けれているとここ最近の試合では評価している。方やの赤嶺は当然平山よりもそこに期待は出来ないが、その動きはその分相手の裏=ゴールに向かう事が多くなり、そのシンプルさもこれまた良しとしていたので、感覚的には今日はこちらにしたんだ、くらいなもん。監督の心情を考えるともしかしたら、今季スタート時の様な「内容よりも勝ち点3」を狙いにいったのかもと。そういった意味では監督は結構勝ち狙いで勝負に来たなとも思ったし、そんなうがり方しなくても梶山がいない現状を思えば赤嶺側に傾きを選んだ気持ちはよく分かる。実際にその志向はある程度形にもなっていた。
ただ、平山パターンだろうが赤嶺パターンだろうが、変わらずやらなければならないことはある。それが出来ていなかったのがこの試合。

これだけ悪い試合だとその問題点も分かりやすくて、既に出きっている感もあるけども、まずはボランチ。攻撃をやり直す。ポゼッション要素を抜きにしてもやる時にはやらなければならないことである。あるいは相手を振って、出を伺うこともあるし、試合中に多少落ち着かせる意味合いとしても重要である。これが出来なかったし、その原因がボランチにあると。
やり直す。ボールをDFに下げる。知らんぷり。これではいけない。ボールが来ようが来まいが、自分が疲れていようが疲れていまいが、ボランチならば、中盤の底を任されているならば、そこは丹念にやり続けなければならない。昔はよく見られた光景だったが、久しぶりにこの忌々しい感じを見てしまった気分だ。CBとしてはパス選択肢はSBしか無くなる、SBは選択肢が無くなる、ポン蹴りするしかない、全てが全てとは言わないが椋原のミスと責めるのはあまりにもかわいそうだ。
金沢は逆サイドを見た長い展開も数プレー見せたが、やはり90分は続けて見れないし人の強さはそこまで見れるわけではない。そして今野、「本職」だというのならば、出来てなければおかしいでしょう。少なくとも現状、CBにされただけで条件反射で「え〜?」となるほどに今野はボランチだ!っていうのは絶対の選択肢ではないしそれを言い張れるほどのパフォーマンスを今野は出来なくなっているかと。今の今野ならば自分はCBで良いと思っているし、ボランチとしてのパフォーマンスは今年ずっと満足していないです。
内容の傾きは赤嶺パターンではあるものの、ボランチの悪さがあっただけに簡単なポン蹴りでポゼッションが効いていない、っていう不快さは監督にあったんでしょう。それ故の石川・平山の投入。しかしここが問題点。城福采配への批判に向かいそうなところだけど、今回に関してはその評価以前の問題だったかと。つまりは投入された両者が悪すぎて、監督の意図を再現することもなく終わってしまった。平山・石川の出来は非常に悪かった。
特にこの日の平山は酷い出来。平山ウォッチャーのオレが言うんだから間違いねぇ。危険な時にはしっかりボールを追えていた平山はこの日は無し、怠慢極まりないチームプレーはチームにマイナスはあってもプラスは無かった。気持ちを見せることもなく、試合が終わるまで結局「試合に入れなかった」。これは明らかに平山個人の問題であり、城福采配以前の問題。
例え低迷極まりない横浜相手といえども、ボッコボコにされた三ツ沢を忘れているものはいるわけ無く、成績以上の脅威をしっかり見に刻んで挑めた試合ではあった。そして結局は大島先発でヤマンセー!でスクランブルアタックな横浜では(はややで良かったじゃん?)この日の東京は分が悪かった。方や城福監督に関しては、前述通り赤嶺投入で「あ、これは内容よりも勝ち狙いか?」と思っただけにしょうがないかなぁ、とはしておく。けど、あのブーイングが全て。事実。このブーイングを心に留めて、次に進んで欲しいところ。

イヤーホントに酷かった。
花火は綺麗だった。
(秀逸な締めだったのでまるパクリしました)