読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FC東京は国見高校を応援しています! -草津戦

FC東京

方やこちらは感想当日出しなのは、それはたぶんサカつく6買った後は間違いなくネット世界からオサラバすると思ったからです。つまり、今日フラゲしてたら感想書きすらしなかったという事です(笑)予約してないんだから、フラゲしてくりゃ良かったな…まぁいいさ。

ってことで、ちゃっちゃーと、やっつけます。


カップ戦なんだから「勝つ事が全て」であり、内容は二の次だ、なんて事は言っても…でもやっぱり内容も気にしちゃうよね。ってのが多くの人の素直な感情だと思いますが。けど個人的にはこの試合ほど「勝てればそれで良し!」と思って入った試合は無いかもしれません。つまり、それほど過酷な状況。野戦病院。ベンチにGK二人置く展開にならなくて良かったと、違う意味で驚いてるくらいですからねぇ。

どが付く位にシンプルに裏を狙う前半の東京。

それがどう要因があってそうなったのか?ってのはいろんなルートが考えられるけれど、ただ結果としてユースケには良かったと思う。彼には彼に合ったチームの形を必要とし、それは城福監督の思うモノとはズレがある、さらにそのズレを今のところ両者が歩み寄りを見せる気配が無い中で、メンバー構成によって自然と「ユースケ寄り」になったところは面白い。

まぁそのユースケは、まさかのCKキッカーでのアシストという想定の斜め上の形で結果を残すことになるわけで。えー!えー!よっぽど驚いた事なんで二度驚きました。それだけに負傷退場になるんだから、ユースケも運が無い…


今回は上手い事?やっていたとは思うんですけど、現状両者に歩み寄りの姿勢が無い中で妥協点としての新提案「ユースケ再生プラン」として、自分は左MF起用ってのを今妄想中です。

ユースケの良さってのを活かすために、その良さって一体なんだ?と考えた時に、まず一つは強烈なキック力。ナビスコ予選のアウェー千葉戦でのゴールが代表するように、角度が無くてもGKの脇を抜けるほどの威力。つまり足を振らせさえすれば、多少角度が悪かろうがコースが良くなかろうが抜けてしまえる可能性がある。次に前に進ませれば相手を吹き飛ばせれる程のフィジカルがある。ファウルも取られやすいかもしれないけれど、行けちゃえば決定的。

と書くと、まぁ、要するに鈴木ノリオなんですけど(笑)

そのノリオ要素に加えて、ユースケはミドルレンジのパスに精度があるってのも前々から話していた事。神戸へのレンタルでの収穫は、大久保嘉人バリのミドル散らしのキックだと自分は観ていた。それが今回のCKに活きたのかどうかは分からないけど(笑)サイドで起点として蹴らせる分にも個人的には期待できる。

ただ、ノリオと重ね合わせた瞬間に「いやそれって城福東京としてどうなの?」って話がさらに際立つ、ってのはよーく分かる。まず単純に、守備出来んのかよ!ってのが第1。そしてビルドアップ的にオフの顔出しが出来るのかよ?ってのが第2。

その辺の心配は、確かに自分も心配(笑)けどね、お互いの譲歩点を探りながら再生の道を探るとなると、方法はこれくらいしかないと思うんだけどなぁ。

まぁこんな時くらいしか、練りの甘いプランは提案しづらいので。ここで言っちゃいますが。ちなみに日曜日の深川始めいろんなところで仮披露してるこのプランですが、一つも同意を得られた事無いですよ。


まぁ、それくらい書くことが無いんですけど。

守備でリードとしてヨネが動きまわって、1stDFとして直接ボールホルダーに当たる事が多いんだけど、そこでもう取れちゃってる場面が多い事にはスゲェ驚いたけど。あと草民は出来とか云々で無くて完全にメンタル的に困ってる感が。2年目のジンクスにいま既に当たっちゃってるというか。草民のくせにソータンしてないというか。ここ最近ではむっくんの方がよっぽどソータンしてると思う。まずはまたソータンできる位のメンタルバランスを取り戻す事かな?自分は結構惚れてるクチなので、見守りたいと思うところなんですが。後はセットプレーで点が取れないのって当然だけど中の問題もあったのね、って事も再確認出来たりと。まぁ有意義だったと思うんですけどね。国見との交流は実のあるものになったと思われるし(笑)

そうなると、仙台戦だよなぁ。昇格決めて、心おきなく天皇杯に挑める形。いやーまいった。ここ強豪。ここがヤマダ!まいった。行けねぇし見れねぇし。今回もまた、遠くを思って祈るしかないですね。

現地に行かれる方、どうぞよろしくお願いします!