読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう大舞台で戦えるヤツだけでよくね?

日本代表

もう、考え方の過程だとかをきっちりとするつもりはないんで、ざっくりと箇条書きチックに今回の欧州遠征について書きますけど。

オランダ戦の惨敗なんかは特にそれが顕著だったと思うんですけど、とにかく今の日本代表は、日本サッカー協会が「世界と戦うために」と求められてきた幾年の集大成そのものだったと思います。世界と戦うために日本はさてどうしたらいいのか?いつぞやの時代の一時期の解を理想にやってきたJFAの、その理想がやっとこさ体現できるようになった。それが今の岡田ジャパンだと。だって年代別代表どのカテゴリー見ても、日本代表のサッカーの基本軸ってのは貫かれてるでしょ。やり方も、そして通用しないところも。ベクトルの向きとしてはほとんど一緒ですよ。その大きさとしてはさすが岡ちゃんが一番大きく示せれるポテンシャルがあるけれど。
たぶん、だから監督としての岡ちゃんに文句が出ること、やれ解任だ何だって話が出る時に自分が違和感を感じるんでしょうね。日本代表のサッカーは、JFA的には正解なんですよ、年月かけてやっと具現化した理想なんですよ、たぶん。
それでもその理想はいつぞやの一時期のものだから、今の理想(=やっぱり個でやれなきゃダメだわ)と照らすとそれはやっぱり古いものだし分かってねぇともなるし。それはいつの時でも仕方のないことなのかもしれないですが。だから文句があるならばそれはJFAに向けるのが正解。岡ちゃんに向ける文句は向けるべき部分だけにすべき。
つかもうオシムの話止めようぜ。オランダ戦の出来には自分も結構堪えたけれど、だからってよくオシムの名前を出すやつがまだいるよと、びっくりした。
すっげードライな、酷いことかもしれないが言ってしまうと、オシムはもう代表監督としては『欠陥商品』なんだから。代表監督という、移動やら重圧に身体が持たない人間なんだから。視力の足りない人間がプロボクサーになれないのと一緒。それでもまだオシムだ何だってのはハッキリ言ってオシムに失礼。
話がズレたけど、今回の日本代表の、その7割はJFAが示した『世界と戦うために示した正解』によって構成されている。だから文句はJFAに言うべきだと思うけどね。

  • 大舞台で戦える選手 戦えない選手

これも日韓の頃からずーっと言ってることだと思うし、みんな分かってるはずなんだよね。大舞台で戦えるヤツと、肝心な時におなかをピーピー言わせて役に立たない奴。それは確実に偶然なんだけど、まるで必然かのように必ず押し寄せる事故。
もういいよ俺が分けちゃうよ。闘えるヤツは玉田・憲剛・イナ。日の丸背負ったお前はぜってー信用しねぇってヤツは俊輔・嘉人・あと殿堂入りの高原。それに今回で中澤が入りそうですね。
今までの集大成って位置付けで世界のトップと対することで晒されたときに、軸と定めた選手がこうもやられちまうと厳しいものがある。恐らく本戦でもぜってーやられちまうんだけれど、軸としてチームを作ってきてしまった以上ここで簡単にひょいとは行きづらい。そんなジレンマに、本心ではぶつからなきゃ嘘でしょうね。そんな本心をひた隠しにして「手ごたえを感じた」とか「やれる」とか言うのが、正しい大人の監督の所作でもあるとは思いますが。
まぁこのまま本戦でも、頼りにしていた軸から世界にやられていく未来予想図には変わりないとは思います。ある種最も絶望的なものを見せられた欧州遠征だと。
ハッキリ言って俊輔の今回の足首痛い問題?だってさ、あのオランダ戦の序盤に受けたあの踏まれたやつのでしょ?自分からファウルもらいに行ってて怪我してんじゃねぇよって話でしょ。それでW杯本番でもそれやられて、「怪我ならじゃあしょうがないわね」って、とてもじゃねぇけどオレは言えないぞ。
今度俊輔のサッカーノートが発売されるようですが、そのサッカーノートに「大本番でおなかピーピーになるのを防ぐために」って項目があることを願うね。俊輔にとって大事なところに気付いてないようじゃ、南アなんて間違いなくおなかピーピーだろうね。

  • 俊輔のナカータ化

そんな、大っ嫌いな俊輔さんですが、当て馬である本田△の登場で思わぬ局面を見せているような気がします。表題のように、ナカータ化してませんかね?言動からプレーぶりから何まで。加えて本田△の器の大きさぶりに照らし合わせたことでどうにも器の小ささが浮き彫りになってしまっています。どうしちゃったんでしょうかね?
しかしこのタイミングでナカータを生んでしまうとは、日本代表というチームはまたしても同じ歴史を繰り返してしまうんでしょうか?

  • オレ達はみんなイナが大好きだ!

その分、稲本はやはり大舞台で強いというか、ホント強い星の下に生まれたよなぁと感心せざるを得ません。イナの完璧アシストが、そしてトドメの逆転ゴールが、こうもみんなを喜ばせるとは。「オレ達のイナが帰ってきた!」
イナを嫌いなサッカーファンはいないんじゃないですかね?それは堂々たる結果がそう言わせているのも間違いないですが、川口然り玉田然りイナ然り、大一番でここぞで期待できる選手というのは決まってるもんなんですよね。

  • だったらそういう選手たちでもう挑めばいいじゃん

って思うんですけど。イナが即レギュラーだろとはさすがに言わないし、足りないものがあるのは当然分かってるけれど、やっぱりこう「持ってる」選手は大切にすべきだし、「持ってない選手」はそれ相応の扱いで良いでしょ、もう。野球のWBCとかもそうだし、他のどんなカテゴリーでも、明らかに分かる資質だと思うんですけどねこのアリ・ナシは。


そういう結果主義、「持ってる選手日本代表」で南ア行っちゃおうよもう。