読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高円宮杯応援Tシャツの宣伝のつもりが余計なことだらけ

昨日は深キョンにぽかぽかして、そして今日は青赤娘。研究所の活動報告を作成してたワタクシです。

…が、ですよ。

ひとつにこのタイミングで何といっとちゃんが所属事務所を辞めるという事態になり、全面的に書き直しという悲劇(笑)こんな関係のない人間をこうも困らせているとは、いっとちゃんも思ってないでしょうねぇ。ホント、いっとちゃんもこれから頑張って欲しいものです。

加えて。元々アクセス数とかは数えたことが無くてあまり気にしてないんですけど、リンク元とかはそれなりに気にするんですね。風間やっひーで検索で来る人が結構多いなぁ、とか。「世界の妹チューリッヒ」を推すブログなんてウチくらいなんだろうなぁ、とかね。

そんな中で先日は、例の可楽blogさん高円宮杯応援Tシャツからアクセスを頂きまして。Special Thanksとして名を連ねさせて頂けたんで、そのリンクからのアクセスだったんですけれど…それでアクセスしてみて、やれ深キョンはカワイイやだの、やれ「ななみんのバカっぽさは許されるタイプか否か」を真剣に語ってるのを読んで、果たしてどう思いますかね、と(笑)

それじゃあアカンかということで、今回の件について宣伝も兼ねて書き始めてみるけど、たぶん余計なことばっかで迷惑かけるだけだろうなぁと、そんな趣旨です。趣旨て。


そもそもが、今回こんな形でSpecial Thanksなんてして貰ってますけれど、何というか「世の中のSpecial Thanksって制度はこんな感じなんだろうな」ってくらいに、自分は本当に何もしていません。ただ今回、webに公表する前に原案みたいなモノを見せて頂けるタイミングがあって、それを見て「うわぁスゲェ、カックイイ!」と、他の誰もが思う様なことを先に体感出来たっていうくらいです。一応、案として出した「小平・武蔵小金井・深川に印がついてるなら、よみうりランド・巣鴨にドクロマークでも付けますか?」ってのは、制作者サイドの賢明な判断によってボツになりましたし(笑)(いや、採用されたらされたで、言い出しっぺとしては困ったけど。巣鴨(三菱養和)はむしろ好きだし、よみうりランドなんて東京都じゃねぇし)

だからこそひとつに、今回の企画でのワクワク感を、自分は少しおこぼれ貰って楽しんじゃっているだけですが、その申し訳なさも当然あったりするのです。で、だからこそ他にもっと動かれた方々、何よりメインでやってくれている可楽blogさんは本当に凄いなぁと思うし、自分は先頭に立って可楽blogさんはじめ皆さんに感謝を伝えたい。そんなことも素直に思っていたりします。


つーか、単純にカックイイと思うんですけどね。バモ展然り、高円宮T然り。義務教育では音楽も美術も評定2で、「選択する必要ないんですけど〜」な自分にとっては、それは羨ましくもありますし、その分、他人の才能に勝手に乗っかって楽しめててありがたいなぁとも思うし。またそういうグラスルーツなところからこんな質の高い文化がひょっこりにょっきり生えてきて。東京系のブログなんかはグンと増えたし、そもそもどこのスタに行っても青赤サポがウヨウヨ居る位に、みんなサッカーが大好きだし。自分もバモ展に早いところ足を運んでみたいです。


ちょっと話を戻しますか。

そもそも下部組織に向けられている目なんてモノは、例えば東京サポと呼ばれる人の中でも所詮まだ一つまみ程度のモノでしかないと思います。そしてそもそもの興味がないわけだから、時たま昇格選手が出てくれば「ふーん」だろうし、昇格する選手がいなければ即「ダメだね」と思う人も多いでしょう。ぶっちゃけた話をすれば、FC東京を扱うのとFC東京U-18を扱うのとではアクセス数にも差はありますし(もちろんFC東京トップの件だと対戦相手含め他サポ率は上がるでしょうから一概には言えないですが)現実として、そういうところは大きいです。当然ですし、この先もそれがむしろ逆転されては困るのですが。

そんな感覚もある中で、今回の企画を普通の方々がどう見ればいいか?

例えば自分なんかは、正直選手がトップ昇格して活躍してくれよ、ってのは二の次だったりもします。本来選手達はその目標に向けて一生懸命やっているわけだから、そこを本来は注目するべきではあるんでしょうけれど。けどその辺での意識は実は弱かったりします。

自分は恐らくもっとシンプルな感じで観ているんですよね。

ていうか、青赤を愛する人が青赤を背負ってボール蹴って頑張っているんだから、それを応援しないわけがないじゃないですか。同じFC東京を愛しているんですよ。青赤のユニフォームに誇りを持ち、負ければ悔しがり、勝てば「we are tokyo!」と喜び、とりあえずシャー!とやる。そんな自分と同じ普通の仲間を普通に応援する。理由としては何も複雑じゃないし、強いからどうだとか弱いからどうだとか昇格だとかって話とは全く別次元の、揺るがない、ほんとシンプルな話じゃないですかね?自分なんかはそう思って足を運ぶんですけどね。

仲間が頑張っているから応援する。応援するときに、じゃあ今回は差し入れでも持っていくか?その程度のシンプルな話として受け取ってもらえたらいいのでは?と思いますが。
もちろん、アンオフィシャルの見解ですよ(笑)


シャツを身につけて応援に行けるに越したことはないし、もちろん足を運ぶまではいかない(もしくは行けない)人ももちろんいるはず。けど、その思いが「形」になって直接選手スタッフに届けられることに、この企画の手応えというか、賛同しがいがあるのではないかと思います。ホント多くの人が昨年のTシャツを着て、先日の決勝では声を届けてくれた。ユースに目を向けるという点で、こんなに底辺での支えがあるのはユースレベルではかなり珍しい事であり、イコール強みでもありますよ。その強み、つまり「支え」を今年も伝えた上で、次こそ、高円宮杯こそ、てっぺん取ろうじゃんよ!

もうねほんとね、悔しかったからね。あーちっきしょー、って。ぜってー勝ちたいから高円宮杯は。もう。う゛ぁー。


ってことで、バナーの張り方すら知らないダメな子には、つらつらとどうでも良いことを書くしかできないんですが。まぁもっとブログ的に信頼感高い方々が皆さんバナー張って告知をしてくれているので、いいか。まぁ単純にカックイイデザインになったし、言われなくても皆さん欲しいと思った、つまり選手スタッフさんにあげたい!と思ったでしょうよ。みんな企画に賛同して、申し込め!寝ろ!!

今年もやります! 2009高円宮杯応援Tシャツ