読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボツネタまとめてこんにちは

サッカー 日本代表

ちょくちょく書いていたカタール戦については、結局ボツにしましたCHONOですこんばんは。
先週の日曜は結局ユースにもサテライトにも行かずに、久しぶりに「今日はサッカーはいいかなぁ」気分に。てなもんで、今週はあまり書く事もなくて。それでいて、冒頭の「こんばんはシリーズ」ネタはちょくちょくあったりで。まぁガッツリ書こうと思えば大ネタになるくらいのものではそれぞれあるんだけど、今回は中の人の大得意な「妄想」があまり練れなかった事もあって、小ネタシリーズとして雑に扱う事に。

  • こんなに静かな試合翌日は久しぶりですね、こんばんは

これはカタール戦について。スコア通りの完勝で、実際に内容も良かった。けどそれで「なぁーんだ、つまんねぇの」チェッといそいそ帰っていく人が白装束の大金持ち、だけではなかったんだろうなという事を思うとちょっと恐ろしい気もしたカタール戦。夕刊フジ辺りは残念で仕方がなかったんだろうな。
実は中の人は、例えアジアのライバルのレベルが上がろうが、それによって実際アジア予選が厳しいものになってきていようが、究極の部分でライバル達のGKスキルがあんなもんだったら日本はまだまだあぐらをかけてしまえるな、と現状認識では思っています。反応の素早さだとか、当人の素のポテンシャルのみで戦っているとしか思えないアジアのGK達。ポジショニングやリフレクティングの一つ一つ、いわゆるGK技術的な部分で彼等はしかし成長を見せていない。中東なんかの「成り上がりかけ」な国々なんかはそれが顕著で、それが五輪予選などカテゴリーが下がればさらに拍車がかかる。逆に、中東がそこに気付いて「JFAサン、今度ハGKコーチヲ派遣シテ下サイ」なんて要求をされたら、それこそ究極に恐怖に思えばいいわけだけど。
ここの差はでかい。このおかげで日本のセットプレーは武器であり続けられる。アジア予選での戦いっていうのは、この点での日本のアドバンテージが大きいというのが前提で、故に日本を厳しく見ていかなければいけないのではないか?(だからこそオージーが怖い)
ってのを思ってたんだけど、練り込み不足で断念〜。

  • 今週発売の専門誌を見て、あぁ差がついたなと感じましたよ、こんばんは

ある程度まとまってるんだけどタイミング逃しちゃいましたねぇ。然るべきタイミングで書けてたら、いろんなものが釣れたかもしれないのに(笑)このネタはちょっと残しておきます。

  • 週の前半は仙台の事ばっか調べてました、こんばんは

実は月曜頃には仙台行きの足を確保してました。水曜以降に入金で間に合う様な予約はしていたんですけど、それでもオフィシャルリリースまではドキドキもんだった(笑)11月を棒に振らざるを得なかっただけに燃えてますよ仙台遠征!脅威の検索力で、美味そうなもんはかなり調べ尽くしましたよ。
鳥取に直接行かれた方々には感謝です。おかげで年末年始まで夢が見れます。

  • 筑波のインカレ進出にガッツポーズですよ、こんばんは

大学サッカーも最終節。本日で全日程終了です。
結局今年は駆け込みで関東1部の12のチーム中の10チームを見る事が出来ました。個人的な感覚としては前に書いた通りに「今年の関東はレベルが低い」という考えで代わらずなんですが、その中で今年一番のトピックが筑波だったと思ってます。
名門ながら去年は薄氷の残留だった筑波が、何とも魅力的なチームに生まれ変わっていました。その原動力は間違いなく監督・風間八宏の存在でしょう。コメンタリーのイメージが強すぎて、「じゃあ監督ではどうなのさ?」と穿った見方をしてしまいがちですが、そのネガティブイメージを覆す仕事をやって見せたと。
いやホント魅力的なチームだった。独走優勝・J入団選手多数の流経大に6-5・4-4ととんでもないスコアを演じて見せた所を見るだけでもその魅力の一端は感じられる(どちらかだけでも生観戦したかった…今年イチの後悔)。そして木島・西川のツートップで勝手に争った今年の得点王、スケールの大きいプレーで高さ良し技術良しシュート良しの西川に、偉大な先輩鈴木達也系譜を継承する木島(ちなみにチャントもおなじみ蒲田行進曲)のコンビは非常に楽しかった(清水は抜け目なく良い選手を取ったよ)。

そして堂々のインカレ出場権獲得、めでたい!!今年の大学サッカーを説明する際には「筑波だけ見ておけばいいと思いますよ」と言ってしまってたので、この成果にはひと安心。インカレではちょっと狙って観戦しに行ければいいなぁと考えておりますよ。そして監督の風間やっひーはちょっとトップカテゴリーで見てみたい、例えばロンドン五輪監督なんかは自分は風間八宏を強く推したいかも。それぐらい可能性を感じています。これは今後もちょっと注目で、騙されたと思って一度観戦いかがですか?(と言いながらも実は波がありまくりなチームでもあったのでダメダメな筑波にぶち当たる可能性もありますが(笑)、責任は負いませんので悪しからず。また風間監督は「解説の仕事」の関係でベンチにいない可能性もありますです)

…ってか専修もインカレ惜しかったんか?!こちらもまた、ねぇ。CBの渡辺が高橋秀人に負けず劣らずの良い選手でねぇ…ってもういいか。

その学芸は残念。最後は最下位順天にやられたようで。西が丘での早稲田戦を観る限りでは仕方ないかなぁ、とも。早稲田はこれで今井続投かね、OB連中の介入を許しすぎてる様だし相変わらず先が見えない状況。オレ達の畑尾に何かあったら承知しねぇぞ!とかなり本気で言ってみる。


では、これからTV視聴です。マジ頑張れオレの東京!!