読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレス+ビアガーデン=DDT闘うビアガーデン!

勝ち点3ゲット後の日曜日。足取り軽く、いろんな人がいろんな所に行った様子は、巡って読んでいてすごい楽しいです。名古屋に残って観光続けるのは正統派。地方のサッカーを巡るのは純潔なサッカー好き。文化的な楽しみに足を向ける人もちらほら。何より日曜日は「東京湾大華火祭」があった。
自分も日曜日には用事があって、その為に名古屋遠征も27時間で切り上げてきた。目指すは東京湾を望む新木場。乗降客はみんな華やかに浴衣姿。そして向かうは倉庫街に並ぶ新木場1st RING、そして「DDT闘うビアガーデン」。『プロレス+ビアガーデン』の素敵すぎるコラボレーション!!
あれー?何というか、他の方々に比べ何だか「下等」ですか?(笑)いいんだ、プロレス楽しいなー。みんなプロレス見ればいいのに、プロレスの見方を覚えれば平山とかスゲェ楽しめるぞ(笑)

…えーと多分、ここ読んで頂ける人の中でプロレスに造詣が深い人なんてほんの数人でしょうから(そう、そこのアナタ、アナタだけですよ)ザックリゆんわり説明すると、誰もが知っている「馬場・猪木」の流れを汲むメインストリームなメジャー団体とは全く違う、どインディー団体のDDTってところが、毎年夏にリングの周りにテーブル並べて選手が屋台を出して、ビール飲みながらワイワイプロレスを見ようって企画がこれ。SRS席並みの良席にビールがドン!チープなつまみがドン!けど時たま美味いつまみもドン!場外乱闘では選手がそのビールを飲んじゃったり空き缶で相手を攻撃したりとやりたい放題!
って書いている自分は超楽しいんだけど、これに血湧き肉躍る方は恐らくそんなに居ないだろうな(笑)
この日のメインはなんと言ってもケニー・オメガ。「プロレスの未来」「路上の王」こと飯伏幸太に、「我こそが路上の王だ」と挑戦状をたたきつけて来日してきたケニー・オメガ。得意技は波動拳
D
見る人が見ればよく分かる、単なるニコニコのお馬鹿映像か、では終わらない溢れるばかりの才能。徹底してプロだし、これはまさに「カナダの飯伏幸太」と言っていい凄い選手が。う〜んまだまだ居るものだ。闘うビアガーデン水曜日の飯伏プロデュース回ではメインで飯伏幸太とシングル一騎打ち。これもベストバウト級の凄い試合だったらしい。飯伏の凄さは元々知っていたが(中嶋とのタッグは楽しみすぎる!)、方やのケニー・オメガも凄まじかったとの評判。
そして今回はメインで大社長高木三四郎とのタイトルマッチ。ここで初めて見たが、やっぱりコイツ、凄い。路上に引きずり込んで散々やり切ったあげく、戻ってきたらテーブル置いてひな壇最上段からダイブ、ノータッチ・トペコン、そして波動拳!フランケンやスクール・ボーイの切り返しもキッチリ上手くて、基礎能力も凄まじい。最後は高木のストーンコールド・スタナーからのSHBであえなく負けとなったが、残したインパクトは凄まじかった!会場中で「Please come Back!」の大合唱!大社長も「年内にもう一度、必ず呼ぶ!」と宣言したが、それも当然の素晴らしいガイジンだった。コイツはマジで凄い、間違いなくビッグになるだろう。

DDTって団体は徹底的にお客様目線。見に来た客をどれだけ楽しませて帰ってもらえるか?っていうのを己の「プロレス頭」で徹底して考える。どうプロレス的楽しさに還元して提供するか。その練られた成果の現在進行形を毎回リング上で示してくれていると思っている。今回もそうだ。プロレスがどう楽しいのか?って説明は、正直前提が多すぎて自分でも上手く説明することが出来ないんだけど、けどたぶん、これを見せれば好みはさておき「あぁそういうことか」とは思ってくれるはず。そんな、「答え」を見せ続けてくれる優良団体なのです。
とにかく飲んだ、喰った、楽しんだ!やっぱり俺はプロレスが好きだ。外でやっていたであろう花火なんて全く気にならなかったし、何よりその空間が華やかで楽しいものだった。
これだよなープロレスは。