読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「止める・蹴る」からは逃れられない レビュー -大分戦

FC東京

毎度のサボり癖を思えば、今日観た大分戦の感想を今日書くなんて事はないんですが(言ってて情けない)、オレのHDD不足のせいであらびき団が途中までしか録れてない、しかもふとっちょカウボーイの所でぶった切るという今年イチの悲しい失態にドへこみ中なので、吹っ切るために今日書きます。スカパー視聴環境がないので都内某店にて視聴。
結果としては残念なナビスコ敗退となったわけだけど、最低ノルマの2得点のための準備もして実行できて、結果2得点が取れなかったわけだからこれは素直に敗退を受け入れるしかないでしょう。元々は自分でまいた種なワケだし。
ノルマを達成できなかった攻撃陣。平山を入れて前線を厚くした後の逆襲布陣は、単純にクサビの選択肢が増えて攻撃的という面ではやりやすそうではあった。けど得点パターンの基本線が、特にエメからDFライン裏にシンプルに蹴ってカボレを走らせるor赤嶺を競らせるなのには変わりなし。やはりこのメンバーでは、これしかない。
これならこれでも良いし、突き詰め甲斐はあるとは思うけど、例えMovingをある程度放棄したサッカーをしようとしても、「止める・蹴る」の技術は結局問われますよ?とはTVを観ながら思ったりはした。例えば特にこの試合で気になったことは、その裏へと狙ったボールの質。蹴ったボールが強すぎて流れてしまう場面が多くて、FWが拾えないっていう場面。別に雨も降ってなかったし、日本じゃそこまで芝質や長さなんて変わらないだろうから、問題だったのはパスの種類だっただろう。裏のスペースを見つけて、狙うっていうのはカボレも赤嶺も得意に出来ていて、またその狙いを出し手もシンクロして見えていたとは思う。ただ狙うスペースを縦断するボール軌道に対して、受け手の軌道が上手く交わればやっと取れますよ、そんなボールしかなかったこと。その種類の少なさは何だかなー、例えば狙ったエリアに「落とす」様な、「止まる」様な、そんな気の利いたパス選択はオンプレー技術として、求めたらいけないんでしょうかね?正直、かなり厳しい要求をしているなとは自分も思うんですけどね。

たぶん、自分の中で「アルヘンショック」を多少引きずっている部分が実はあって。Moving Footballってのはポゼッションサッカーの延長上にあって、基礎技術不足の補完を組織力による補正で補うもの。その中でMovingによって重視するは、スペースメイクとその共有技術。とこれが今のところの自分での理解。そこでその源流にあると思われるポゼッションver.アルヘンを観た時に、そのスタイルを圧倒的に支配していた基盤は最高峰の「止める・蹴る」技術だった。これを実際に目の当たりにしてしまうと、あぁポゼッションを行うには、ポゼッションを謳うに必要な止める・蹴るはここまで必要なのかと多少の絶望を引きずっていたりする。
動け!Movingしろ!との怒号はスタンドから結構飛んでいるけれど、案外単純に基礎技術がおっ付ていないだけだったりも。基礎技術がしっかり残っていれば、Movingまでは行かなくてもポゼッションまではいけるわけだし。
少なくともそんな見方の選択肢が一つ生まれたのがアルヘン戦だった。それに見方が、自分が流されているのかな?
あとトピックとしては、金沢→平山入れた布陣で今野がSBに下がったことが「より攻撃的な布陣」として選択された事実をどう考えるか?SBが金沢より今野の方が攻撃的だからと捉えるか、今野は下げて守らせて他に攻撃させた方が攻撃的だったということか?自分にはずっと今野が残って徳永を上げた3バック的布陣と見えていたので、どうしても後者にとってしまうのだが…この辺りは意見はあるけど省略。
「チームに貢献しなくなり始めると、途端に得点の匂いがプンプンし始める」と観戦しながら赤嶺についてぼやいたが、それに関連して先月から試合を観ていてどうも「2トップ選択の優位性」が失われてきているなぁとは何となく思ってみたり。ツリー型への回帰の声が挙がるのは気持ちは分かるし、そういう人にとっての理想は「新潟戦の前半」なんだろうね。分かるよ。これも省略、まだハッキリ形には出来なそう。
そして石川、旧型スタイルなプレーと使われ方。そうじゃないよ。
全体的に気持ちは感じられた中で、茂庭は茂庭らしい守備が出来てきたか?前回の懲罰交代も、そこまでか?とは実は思ったものだが、今回のパフォーマンスと今後の逆襲のために必要なモノだったのならば。塩田の超絶ゴラッソ未遂など燃える要素はあったのだけど…いや結果が出ない。ここまでドローが続くと簡単に切り替えることは出来ないかもしれないが、誰かの野心がスパイラルに終止符を打つと期待して、スタジアムで声援を送るだけだろう。

結構久しぶりに当日レビューしてみると、かなりつぶやき系な感じになってますな。ふとっちょカウボーイ・ショックなのか、クラ選で燃え尽きたのか(少なくとも自分の夏は終わりましたけどね笑)。ダラダラとサボっていた様に見せて、案外そのあいだ無意識にレビュー案は練れていたみたいですね自分。偉いぞ無意識の自分。って、普段どんだけ実際と関係ない妄想をしているんだって話ですね。