読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深田恭子かわいすぐる2 浮気の第二回目

テレビ

寝ないで始発で18きっぷ→京都→深夜バス→そのまま次の日の雑用へ…と、二晩横になれないで迎えた火曜日はまさに「泥」になっておりました。久しぶりの過酷日程。相当のダメージが身体には残っております。
そんな過酷の中でもしかし、京都でお会いした方々から「読んでるよ」と言って頂いたり、中の人のステータスに改めて愕然として頂いたり(笑)と刺激になることもありまして。最近は遅筆著しい情けない状態になっていますが、そんな当ブログでも見て頂いている奇特な有り難い方々がいらっしゃる限りは、謙虚に、偉そうに、上から目線で、改めてこれからも頑張る所存であります。
ってことで、深キョンです。読者曰く「40代の様な深いサッカー考察と、10代の様なアイドルヲタ」なブログらしいウチですから、まずはダークサイドの方から。
学校じゃ教えられない!第2回目。「仲里依紗フィーチャー回」。仲里依紗の骨格が気になって仕方がなかった先週から、その匂いは多少にじませていましたが、
仲里依紗、好きかもしんない。
ハチワンダイバーなんて見やしねぇよ(そもそも原作自体が過剰評価すぎるかと)な自分としてはナイスツーミーチユーなわけですが、初めてしっかりと見てみるとまず表情の豊かさが目を引く。何パターンもの喜怒哀楽が、表情から豊かに流れる様に発散されるその演技は、作品によっては過剰ととられる向きもあるかもしれないけど制作側としては絶対に嬉しいはず。またその豊かな表情が自然と、ピンポイントな選定で挟んでくる仲の演技も恐らく、相当に勘が良さそう。イヤー思ったよりも良い子です。今後もっと売れていくでしょう。かわいらしいです。好きです。
好きです。
ただ逆にドラマとしては、役柄も演者のポテンシャルとしてもちょっと突き抜けている仲と、相対的に弱く見えてしまう周囲とのギャップには今後も苦労しそうな気も。脚本的には「確かに分かるんだけど…」なギミックは見えるんだけど、いかんせん全体に華がない(最たる華の無さはあの委員長的ポジの人。榎本加奈子にやらせればいいのに)。テンポが悪い。そしてなぜ伊藤蘭(笑)。
そして深キョン。ストーリー的に深キョンが内に引っ込まざるを得ないのは理解しました。納得しました。だからあとは、カレーを食わす的な安易な事は止めて演出的新境地をもっと見せてくれ!こだわりを!!深キョンをもっと困らせろ!!

しかし深田恭子仲里依紗だなんて…変に共通点を見いだそうなんて野暮なことはしないでおくんなまし!ちなみに、まだ綾瀬はるかは好きってほどでもありません。
それじゃあバイバイ深田恭子でした〜