×ドイツ戦

本題。
とりあえず真っ先に思ったのが日本の「囲んでボール奪取」が何か違うんじゃないの?っていう。その割に中盤守備はドイツの完勝。稲本はやはりゲーム勘というか勝負勘がにぶっている感じ。一寸のタイミングで判断・投げ出しが遅い。まぁこれはしょうがないんだろうが。
その終盤守備のもろさのツケがDFラインに直撃というか。田中と茶野じゃあやっぱ弱いよなぁ(もちろん所属チームでは3バックだけど)。あたふたしてたし、ラインはほとんどの局面で崩壊してたし。困ってるもん。
あとは落ち着き。高原はいつもの通り。シュバインシュタイガー君を見習ってくれ。
逆に小笠原。パス出しどころを悩んでう〜んみたいのやめれ。かっこわるい。オガサは今年個人的に一番評価落とした選手。
ま、現実見せてくれてありがとうドイツさん、ってところですか。負けるべくして負けた、でしょ。認識の甘さにバチが当たったんよ。
ジーコ否定派であることは変わりない自分だけど、結果は出しているので最終予選の入りは我慢します。さて、どうなるか?

広告を非表示にする