そうは言っても、

相手は浦和。完全にスパサカを味方につけたいつもの状況で(笑)、東京は、やっぱり悪役になるんだろうな・・・うふふ。
でもあの浦和が驚異なのは事実。特に、ウインガー永井は個人的に相当高い評価。スピードとドリブル突破は最高レベルにあると思うし、今はセンタリング精度の悪さで助かってはいるが、永井は将来日本代表の右ウインガーとして石川と競争する存在になるだろう。それくらい永井の能力は高い。しかもアイツ、ドリブルの姿勢がよくてカックイイんだよなー、ちくしょう。
エメ、田中は当然やばい。そして今回は長谷部がいる。中央からのパスの出所がある。これが前回勝った時との大きな違い。前線だけじゃなくボールの出所も気にしなきゃいけないっていうのは、それはチームとして全体で守備をしなければいけないということ。
このチームとしての戦術が最重視される中で、東京はベストメンバーが揃いつつあるものの、結果としてチームが未だになじんでないとは言えるかも知れない。悪いなりに勝てるチーム、にはなれてない。そんなチームが決勝という大一番でどれだけの能力が発揮されるのか。自分が不安になってしまう、これは本音。
決勝。聖地国立。この大舞台で、最高の選手達の化学反応を見せる時は今しかない。不安でいっぱい。それを吹き飛ばす立ち上がり、試合内容、結果を臨む。
・・・あ〜恐いよ〜。ネガネガ・・・

広告を非表示にする