読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「2年目のジンクス」があろうとも… FC東京U-23 2017シーズンプレビュー

難敵相手に開幕2連勝と最高のスタートを切ったFC東京。その勢いを追い風に、いよいよU-23も開幕を迎える。3/12(日)14時キックオフ。場所は新木場、夢の島競技場。相手は浮氣哲郎率いるカターレ富山である。 新人選手6名を迎えた今季の選手編成について、以前…

”本気のクラブ”と戦った29,700分が若き青赤戦士の養分となった FC東京U-23 2016シーズンレビュー

端的に言えば、楽しかった。FC東京U-23。やはり新しいチャレンジはしてみるものだなと思うばかりである。 U-23チームのJ3参戦。その激動の1年目が終え、結論として「成功だった」という感覚値は、世間・各クラブ・サポーター共通の認識だと思われる。もちろ…

二冠達成 それでもFC東京U-18は「勝ち続ける」 ユース応援企画 御礼に代えて

クラ選、Jユース杯と夏冬二冠を達成した2016年のFC東京U-18。しかし当初の目標を達成するためには、これはまだ道半ば。そのためにも、「勝ち続ける」。

「久保建英君」は、日本で成長し「俺らのタケフサ」になった

久保建英君が元々すごい選手だったことは間違いない。ただ、より凄くなっていく「過程」も、自分は日本で見てきたつもりだ。 FC東京には、叱ってくれる仲間がいた。U-15むさし時代、ある試合で自らのボールロストを追いかけない彼を叱ったのは、ピッチ上の仲…

FC東京U-23はもしかしたら儲かるかもしれない、というざっくりマンデー

FC東京がU-23でチームを結成しJ3リーグ興行を行うにあたり、クラブスタッフ的には「チケット代金は500円でもいい」とも考えていたらしい…なんて話をチラッと伺った。それが結果的に¥1,700(ホーム大人前売)というプライシングとなったのは、周辺クラブ運営…

マジカルレフティは「おもちゃの右足」で輝く 2/11 1330KO@西が丘 東京都クラブユースU-17新人戦決勝 FC東京U-18-三菱養和 プレビュー

予選リーグ3戦連続の計5ゴール。19 松岡 瑠夢(まつおか りむ)の勢いが止まらない。新シーズンの開幕をいち早く告げるこの公式戦は、どうしてもチーム立ち上げのための起用が思惑として強く出る。新しい選手。新しいポジション。実験とチャンスの繰り返しを、…

Jユースカップ準決勝 名古屋グランパスU18 - FC東京U-18 願望

この夏の国際親善試合、フランクフルトvsFC東京。そのTV中継の中で、解説の川勝良一氏がこのような事を言っていた。『人が感じたモノを忘れないでいられるのは、長くて一カ月』と。 この試合で選手が得るであろう経験。もしくは身体をぶつけてみて初めて分か…

貴方の本質、見せてくれますか? FC東京U-18-JFAアカデミー福島 明治大-中央大

高円宮杯プレミアリーグEAST第3節、FC東京U-18-JFAアカデミー福島は、開始20分足らずでFC東京U-18が3-0とリードした。ラッキーパンチが立て続けに3度も当たるわけもなく、そこには確かに実力差があった。相手のパス回しは、寄せの深さと強度をもって奪い切り…

Go 三ツ沢!! エルゴラとかよりも詳しいFC東京U-18プレビューと急にお腹を下して会社を早退する方法

渾身の演技力で「お、おなかが…」と、そんな感じで何とかしてください。以上おしまい。 というわけで、この方法を駆使して晴れて定時上がりもしくは半休・早退をゲットした皆様、おめでとうございます!そしてトイレを出たらその足で是非、三ツ沢へ。たのし…

ユース応援企画2013 ありがとうございました!

ボビー・チャールトンが命名し、アレックス・ファーガソンが育んできたオールド・トラッフォード『夢の劇場』。その舞台に日本人が立つことは、今や日常となりつつあり、全てのサッカー選手にとっての明確なターゲットとなった。もちろんその舞台に立つため…

ユース応援企画2012ありがとうございました

意図的に声を出し過ぎない様にしているチームがある。聞いた時には、確かに驚いた。しかし、同時に納得もあった。日本随一のポゼッションを表現し続けているその某強豪クラブユースは、確かにピッチ上で「右!」や「ターン!」などの指示が飛んでいるイメー…

ユース応援企画ありがとうございました

今年もユース応援企画を無事、行うことが出来ました。最近、多くの他クラブのサポーターと関わりを持てるようになってきた中で、多くの方に仰っていただけるのが「ユース応援企画が成立することの凄さ」についてです。時には敵としてゴール裏で対峙する様な…

正解の”タイミング” プレミアリーグイースト FC東京U-18 - 浦和Y

我らがFC東京U-18が誇るホーム、深川グランドはかなり独特な会場になってきた気がする。東京ガス系列によって酷使され続ける天然芝グラウンドは、養生の期間もまともに取れず、開幕月にして既にボコボコ。そもそもピッチはかまぼこ状に見た目ハッキリと曲が…

4/17 初戦 FC東京U-18シーズンプレビュー

先程は、来週末の千葉戦に向けて?トップの話をだらだら書いてはきましたが、それはひとまず置いといて。今週末4/17(日)は一足先にFC東京U-18もいよいよシーズンイン!ということで、U-18シーズンプレビューでございます。今年はうっすらとウワサ伝え聞く…

この日でなければ見えなかったもの 新人戦決勝 -ヴェルディY

この新人戦での3試合は、個人的にはガッツポーズしまくりの倉又采配が続いた。昨年Bチームの試合を見る機会も多かった事もあって、個人的には選手の特徴がある程度把握出来てた上でのシーズンインだったわけだが、そのお陰か、倉又監督が今シーズンに向けて…

そして始まる(始まってた)’11チーム

ということで、新シーズン。’11チーム始動なのです。今年は例年立ち上げの大会として参加しているGO FOR 2014カップへの参加が出来なかったため(Jユース杯決勝進出!)一般ファンへのお披露目はこの新人戦から。通常よりもひと月近くお披露目の機会がズレ…

よく泣いた、よく笑った'10チームへ

いろいろが既に始まってしまっているものの、その前にいろいろが振り返れてない当ブログではまず「ふりかえり」から始めたいと思います。ふりかえり、っていう語感にイラッとしないで(笑)読んでいただければこれ幸いです。とりあえず、U-18から話をはじめ…

「これで最後…なんかにさせない!東京ダービー」プレビュー

ここまで無敗で来れたのは、十分すぎる結果だと言えるだろう。近年卒業していった先輩達は、大学で即レギュラーとして中心でプレーしたり、大学選抜として海外遠征に選出されたり、そしてJリーグでチームを救うゴールを奪って見せたりと、その個の強さを見せ…

「成果」の取捨選択 湘南Y - FC東京U-18

立ち上がりいきなりのCK、8磯村からのキックは抜群の軌道でどフリーの2岡崎を捉える。パワフルなヘッダーによる先制点から始まる劣勢展開。元々湘南Y推しの自分にとっては、立ち上がりからの湘南優勢の流れをどう捉えるか?ってのが、恐らく湘南Yを初見の方…

手応えを成果に… さっくりレビュー -ガンバY戦

どうにも時間が作れなかったもんで、サックリとしたものになるのをお許しください。 ただ、ちょっと最近の『芸風』がどうにも重め、大げさめ(笑)でして、それがちょっと個人的に不服だったこともあったんで、こういった感じなガス抜き的なのも実は挟みたか…

終幕 そして… レビュー - 三菱養和戦

関東プリンス1位2位対決、強豪チーム同士対決による、クオリティゲーム。なんてものよりずっと、何よりバッチバチのバトルゲームに。懸ける想いが尋常ではない。 5月のプリンスリーグでの試合レビューからまず引用する。 所詮エリートな両者である。東京でサ…

Jユース杯一回戦レビュー 京都U-18-アミーゴス鹿児島U-18 鹿島Y-三菱養和 & プレビュー FC東京U-18-三菱養和

日曜日はナクスタへ。ユース三冠のラストを飾るJユース杯がいよいよスタート。一回戦はJCY枠から登場の4チームをJユース勢が迎え撃つ展開。前日とは打って変わって暑すぎるほどの陽気で、観る側としてもバクスタで日向を浴びながらの観戦が気持ちいい。ナク…

高円宮杯準々決勝4試合完全レビュー!の予定でしたが…

予定を変更して3試合のみで。理由は分かるでしょ?まぁやる気なんてものはチンチンに無くなった罠(笑) この程度では技術はぶれない 米子北-三菱養和 会場のひたちなかはキックオフ時刻に近づくにつれ、強さを増す雨に加え、雷まで鳴り始めてしまった。さす…

我らがホーム・東京は西が丘 高円宮杯 -静岡学園

まずは西が丘の高円宮杯。3戦目にしてやっと東京だぜ!今日も今日とて十条から、蒲田屋でおにぎりを仕込んでの西が丘入り。絶対推奨!なすみそ美味し!!第1戦は三菱養和-広島Y。かなり楽しみにしていたカードだったが、広島はメンバーをドカンと落としてい…

東京の中盤にもののふあり -米子北戦

日曜日は駒場で米子北戦。練りに練って思いついた理由「いやぁー、ちょっとぉー、スーパー寝坊しちゃいましてぇ〜」を携えて、やってきたぜ駒場スタジアム!とは言っても、本来行けないつもりだったこの試合を見ざるを得なくなったそもそもの所以があったわ…

大事なことを忘れてたピョン 高円宮杯 -浦和Y戦

「いやぁ〜オレのプレビュー通りじゃんよぉ!」 ナクスタは第1試合「米子北-静岡学園」を観戦し、我らが「東京U-18対浦和ユース」の第2試合も始まって、こんな浮かれポンチな自画自賛を仰け反りながらぶっこいて、そんなオレに「あんたエライね、そんなア…

ちょっとで良いので、我々にも注目してはくれんかねぇ 高円宮杯プレビュー

いよいよ日曜日から高円宮杯が開幕。高円宮杯応援Tシャツも既に届いた方が出始めてきたようで、いよいよ感がモリモリ湧いてきたでございます。無事に届いた方は、その旨だけでもぜひ連絡を頂きます様お願いします。その方が安心するでしょうし。現地渡しの方…

高円宮杯応援Tシャツの宣伝のつもりが余計なことだらけ

昨日は深キョンにぽかぽかして、そして今日は青赤娘。研究所の活動報告を作成してたワタクシです。…が、ですよ。ひとつにこのタイミングで何といっとちゃんが所属事務所を辞めるという事態になり、全面的に書き直しという悲劇(笑)こんな関係のない人間をこ…

苦くて不味くてしょっぱくて クラ選決勝 -セレッソU-18

育成年代、特にユースの試合を観ているとこんなことをよく思う。激闘経て、結果負けてしまったチームが、しかし負けたことで「あぁこのチームはまた一つ強くなるのか」と。負けて得る悔しさをカイバとして、ムシャムシャ喰らっては即座に血肉とする高速の新…

カップを奪い取れ! クラ選準決勝 -新潟Y戦

まくらに非常にどうでもいい話をすると、ここ最近非常にノドの調子が悪い。実際にお会いした皆様には迷惑な症状だったと思われるので、非常に申し訳ない話なんですが。冷房的な送風に当たるとスイッチオン、咳が出始めるとどうにも止まらない。しかも熱が出…

福島遠すぎ 予選二日目 FC東京U-18-福岡U-18 準々決勝 FC東京U-18-湘南Y と他チームいくつか

って事でクラ選のお話。 せっかくJヴィレッジなんてド田舎にまで来るんだから、どうせだったら総勢24も来るチームを色々見たかったんだけど、今回はどうもそれが出来なかった。まともにしっかり見れたのは水曜日の第1試合、マリノス-セレッソ、京都-札幌…

世界基準の「倉又イズム」 プリンスリーグ最終節 FC東京U-18 - 横浜FMユース

最前線への長いボールを攻撃の合図とする東京U-18。 最前線から降りてくる選手を起点としクサビを打ち込むマリノスユース。 お互いハイレベルの攻防が繰り広げられた深川グランドは、キックオフの11時から熱気を増す。 今年はこれまで3度マリノスユースを見…

いよいよKINGを中心に回り始めた! プリンスリーグ -浦和Y戦

昨日のネタ関連ということで、時間軸すっ飛ばして先にユースの話題を(といっても神戸戦はTV視聴だったので大したことは元々出来ないしね)。ホントは昨日続けて書くつもりだったんだけど…やっぱりまじめなことをし慣れてないんだな俺は(笑) プリンスリーグ…

クラ選の夏、開幕! FC東京U-18 - 町田ゼルビアY 横河武蔵野Y - VF甲府Y

灼熱のJヴィレッジでの死闘。三ッ沢での劇的ファイナル!クラ選の夏がいよいよ始まる。関東2次予選の初日を観戦。 FC東京U-18 - 町田ゼルビアY 前年度王者として初戦を迎えた我らが東京。初戦はトップチームが今年からJFLに参入した町田ゼルビアユース。Jの…

プリンスリーグ関東 FC東京U-18 - 流経柏 とおまけコーナー

日曜日はプリンスリーグ観戦に深川へ。 着いた頃には後半が始まっていた(笑) 久しぶりに豪快に寝坊をかました。起きたらもうキックオフ10分前。かな〜り心が折れかけたけど、まぁ一応行ってみる。駅まで着いても、やっぱり府中の競馬場にするかと相当迷…

だからダービー、これがダービー プリンスリーグ関東一部 第4節 -三菱養和戦

何だかんだで、土曜日の勝ち点3は相当安心した。おかげで、気分が良かったんだろうな。Jリーグタイムをバッチリ視聴して(山本浩サン登場にビビった!)プレミアでユナイテッドの逆転フルボッコを視聴した後も、この日amazonから届いたDVDを見始めるという…

キングは誰だ?!! プリンスリーグ第3節 -鹿島学園

日曜日に観たプリンスの試合について、木曜日に書くという低級ブログへようこそ!土曜日の気分を引きずり小平に行ってしまったので、第2試合の國學院久我山-日本航空は観戦を止めて、荒んだ気持ちにピッタリな「お馬さんパーク」に行ってしまったよ。ちなみ…

プリンスリーグ関東1部 第1節 FC東京U-18 - 前橋育英 と、結果総ざらい

日曜日は色々選択肢がある中でプリンス開幕戦を観に深川グランドへ。3月のフェスティバルを多く観た身として、始まった本番とのギャップを体験しておきたかった。けど、この日は本来バレーボールをしっかり応援するのが正解だよね。文句ない成果を勝ち取っ…

圧勝の一部始終 プリンスリーグ第5節 FC東京U-18-流経大柏

適度な朝の早さ。そして何げに初めての深川グランド巡礼。それが重なり合うと、「寝坊」と「道に迷う」の2つの事実が生まれてくる。前半30分当たりかに到着。 ダンマク張った東京応援団と部活ノリが強烈な流柏応援団がいるスタンドの対岸の行き方すら分から…