読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全てはゼー○のシナリオ通りに -磐田戦

えー、スポーツは筋書きのないドラマ、だなんてことを申しまして。何が起こるか分からない。時には空想で描かれた小説なんかよりも事実の方が…ってのもよくあること。しかし今日は… そんな、筋書き通りに終わった、土曜日のお話。 長友佑都についてから話を…

スコアレス・オブ・スコアレス -G大阪戦

西が丘からのはしごは結局、前半10分過ぎからの観戦となった。まだ0-0であった事に安心して(安心しちゃいけなかったのに気づいたのは試合後の事)、どうせ売れ残ってるであろうと踏んでいたブラジルフェスタものを買い漁っては喰らう。個人的には先週の時…

moving footballの申し子は… -清水戦 -京都戦

当ブログにとってはエクストラなネタが続いたので、このタイミングになってしまった清水戦と京都戦。実際は京都戦の中継を見てから、と思っていたんでCATVな人間にとってはどうしてもこの日この瞬間になってしまうんですね。 最初で最後の集大成 清水戦 「th…

青赤こそが正義である為に -清水戦

ちょっと皆さん見ましたか?ためしてガッテン! この日の特集は久々の喰い物系で「トマトケチャップ特集」。ケチャップ味のためにしか使われないトマトケチャップは冷蔵庫で余りやすい食材として困りがちな代物ですが、そんなケチャップを和食に使うとおいし…

まだまだ尖がらにゃならんのよ -鹿島戦 -大分戦

夏の終わりを自覚した鹿島戦。 実力差をそのまま内容差に落とし込められると、それをあぁだこうだとイジッて書いて楽しんでいる輩にとっては非常に困る。切って盛ってでそのままお造りでお出しするのが最善だろうからね。もうそのまんま。 1失点目は立ち上…

だってナオがいないから -横浜FM戦 -山形戦

書きかけの青赤娘。研究所は結局バックアップ損失もあって一旦ボツに。他にも妄想働いた小ネタがあったりもしたんだけど一旦寝かしておく。競輪は何となく買った2車単が安く当たったのみ、中澤マイケルでなくてHARASHIMAに乗っかっておけば今頃豪遊中だった…

眠れなくなるほど悔しがれ! -川崎戦

自分は試合後は、徹底してブーイングしました。し続けました。これじゃあダメだ。このままじゃ何も変われないと。 自分は広島戦の前から、『壁』という存在を明確に意識する様になり、それをいよいよ越えたい、越えて、堂々たる「優勝候補」として優勝争いの…

広島戦を今さらちょっと

とにかく今週はめまぐるしい。トップチームはナビスコ挟んだ過密日程をこなし、何よりクラ選の夏がいよいよ開幕。サッカーに溢れる夏ってのは観戦バカにとっては楽しいものの、自分みたいにさらに勝手に何か書き残しておきたい人にとってはとにかく大変。日…

あつはなついね -大宮戦

試合前に行われるウォームアップ、特にシュート練習の様子を眺めながら、これから始まる試合が果たしてどうなっていくか?出場選手は今日は活躍してくれるのか?なんて事を妄想して楽しむ人は、スタジアムに足を運ぶファンには「あるある」レベルの一つの楽…

ごめん、29日は瑞穂じゃねぇでJヴィレッジ行くわ -名古屋戦

今日は日曜のユースのエントリを仕上げるつもりだったけど、先にこっちを、チャッチャとやっつけるのが正解でしょう。 全体としては正直、日曜の3-0に比べて課題の多く出た試合だったと思います。 CBの両者中心に、どうも今日は守備がたどたどしくて。いきな…

美しく燃える味スタに、充満するは確かな自信か レビュー -名古屋戦

午前中に既に潰していた喉に何とか鞭打って、慣れ親しんだ我が家で堂々と歌い上げるYou'll Never Walk Alone。歌いながら、そして聞きながら、自分は時々ユルネバの感じだけで「あぁ今日は勝ったな」って思う時がある。その出来の良さ、美しさで生まれてしま…

相手の嫌がるプレーを徹底的にやれ! 神戸戦を少し

強いね、俺たち。まいったまいった。浮かれ続きでどうしようもないけど、それに見合った実力感というか、手応えを感じちゃってるからなおさらタチが悪い。 土曜日のBS視聴の神戸戦について。水曜出しのレビューなんで、大体言いたい事はもう出きってると思う…

FC東京を「卒業」したROOKIESたち 〜スー・タマ・ルーベン・ブッチの現在〜

神戸にはさすがにいけなかった自分だが、ならばと土曜の日中は懐かしの選手の様子を見に行った。場所は明大八幡山グラウンド、Iリーグ第4節。 大学サッカーの2軍以降に当たる選手達に出場機会を与えようと、学生主体で行われているこのリーグ。関東大学リー…

『青赤娘。研究所』設立および所長就任のごあいさつ

皆さん足もとの悪い中おいで下さいましてありがとうございます。青赤娘。研究所所長のちょうのです。 設立趣旨 我らがアイドル目黒邑を追いやり、突如4/3日放送分「FC東京ホットライン」に登場したのが「青赤娘。」。その登場たるや相当なインパクトだったら…

夏の扉を開けて〜 レビュー -清水戦

世の中、いろいろハシゴ観戦はございますが、本日は府中→国立のハシゴでござんした。もちろん府中はサッカーではなく…ヱヴァ「破」。オタクゴコロをどっぷり取り戻した反面、あまりにもな「破」のダメージでふらんふらんになりながらの国立到着に(笑)サッ…

横綱相撲、どすこい! レビュー -柏戦

予定通り、カンカン照りの中でヒーヒーと総体都予選を見に行ったら、ご縁で余ったチケットを譲って頂きました。本当にありがとうございました!予定を変更して急展開、駒沢→柏ハシゴに。バクスタのAR席に座ったので、ひっそりと、紙吹雪を楽しみつつ。けど逆…

細かい意見を「よせあつめブルース」 レビュー -清水戦

いよいよJ再開!って事で本来は色々と楽しみが膨らむはずなんですけどね、相変わらず我々はチケット取りがスーパー下手くそなもんで、柏戦チケを未だ持っておりません(笑)いつも友人に頼ってばかりで申し訳なくて。そろそろそうは言っていられませんねぇ、…

「パーフェクトな結果」に期待を寄せて… レビュー -山形戦

「勝ったからオールオッケー」とはとても言えないけれど、「カボレが2得点したからオールオッケー」とは言えてしまう。そんな試合。 前者はやっぱり、どうも内容がね、というよりもスタメンの半数くらいの選手の強烈な出来の悪さがもう参っちゃう感じだった…

そして徳永悠平は天下取りへの階段を昇り始める

哀しいホイッスルが鳴り響く。 ピッチ中央で整列をする東京イレブンは、対戦相手の選手達そして審判団の面々との握手に移動を始めた。試合終了後の慣例。儀式。しかし、その流れに徳永は加わらない。相手チームに、審判団に、むしろ握手に向かう味方に対して…

平山に「あとゴール」は必要か?

酔っぱらいが寝る前に簡単なエントリをザクッと上げておく。要は表題通りなんだけれど、あとゴール、要りますかね? 個人的には今のパフォーマンス(例えば千葉戦のパフォーマンス)をこなしてくれるんだったら正直、別に要らないんですよねゴール。こう思う…

「米本キングダム」国王は頭を掻いてばかり レビュー -千葉戦

帰宅。そそくさに千葉戦レビューをやっつける。 先発には既報通り草民が名を連ねる。米本が馴染みまくってるからこの段階では気付かないけれど、よくよく考えれば高卒ルーキーが2人とも先発してるっていう。さらに椋原・権田も先発していることもあって、U-…

始めたばっかには負けられねぇ レビュー -横浜戦

お互い、2年目監督さんに苦労してますなぁ…って感じのマリノス戦。要は、ソレがどんなタイミングでおっ始められたか?って違いな話で、一応先駆けて苦労を味わってきた東京が比較として良い内容・良い勝利を手に出来たんですわな。横浜の皆さん、この道は険…

梶山の切り返しってホントはすごいんじゃね?って話

どうにも点が取れない東京。絵は描けてるんだろうけれど、最終局面でじゃあ誰が筆を置くのか?って部分。 これはたぶん瞬間の状況設定で「ゴールが決めれる!」って思える幅の狭さが問題。「ここで打っても決めれるか微妙…」と感じちゃうからパスを選択する…

GWのFC東京 -大阪戦 -大宮戦 -広島戦 -京都戦

1週ちょい書かない間に4戦もやっちゃってるんだから、どんだけ過密日程やねん!って話。闘莉王がぼやくのも無理はないよね、選手にとっちゃ厳しいよ。 だから、こうやって一括りにしてみると実は、連戦のトータルコーディネート部分をしっかり汲んであげる…

1点ブランド、テラオソロシス レビュー -大分戦

所詮こんな立場のオレ達だから、勝ち点3は喜んで受け取りましょうや。それが何ともかんともな勝ち点3でも、試合後の両者の天地の差を思えば尚更の話。何よりこの勝ち点3は、現地まで応援に行かれた方々のための勝ち点3でしょう。アウェー遠征でこれがあ…

根本解決の手だては一つのみ レビュー -千葉戦

近年まれに見る位に、ブチ切れた。ほんと、久しぶりだわこんなの。国立で会う人会う人みんなそうで(当然だけど)罵詈雑言の嵐。オレも、こんなにボキャブラリーがあったかってくらいに言いまくり。 そんな土曜から多少の時間が過ぎて…収まらないね。全くも…

DNAからすり込み教育 レビュー -鹿島戦

4-2-3-1。2段ロケットのサイドアタック。追いかけて追いかけて、ガス欠。チャンスは作っても、点は取れない。 そんな試合を観て、スタンドも発狂。久しぶりに、面白い?? アマラオの引退試合の際に感じた、ほとんど見た事のないはずのTOKYO LEGENDSから発…

4-4-0 vs 4-4-0 レビュー -磐田戦

屋根の無ぇゴール裏でずぶ濡れ河童だった自分よりも、テレビで冷静に観ていた方の感想の方が恐らく正確でしょう。ハイになってたんだろうな。だって前半、「楽しかった」んだもん。コレは幻想だそうに違いねぇ。だって普通に風邪ひいてんもんオレ。あれは弱…

そろそろ今野CBについて一言言っておくか

無味無臭な前半を終えた後には、そこには拍手もブーイングも無かった。何より一番辛い反応。ホント金払ってきた観客は正直だなぁと痛感した。相対で観れば前半より後半のが良かったのだろうが、それはあくまで相対の話。全体的にも、ポジティブな反応もネガ…

この気持ちどこに吐き出せば…そんな思春期みたいなさ レビュー -柏戦

ポジティブに、ポジティブに、 しかし、ポジティブと現実逃避ははき違えるな。 現状認識を怠るな、現状から目を背ける事はポジティブではない。 何度でも、念を押して… 撃ち合いにも持ち込めず 何というか、撃ち合いな展開になるかと思った。なるべきだった…

100回の練習よりも1回の「ポイント3」 -レビュー 山形戦

ってことなのかなぁ?なんて事を、眠らない街を歌いながらふと思ったわけで。オチ的な話を初っぱなに持って来ちゃうけど、いくらオフシーズンに例えば100回も練習してきても、開幕連敗しちゃっただけで「オフシーズンに何をしてきたんだ!」とその成果を疑問…

豪華カードでフェスティバル! 育英カップ FC東京U-18×流経柏 ら

誰かが言った。 「この世には2種類のPUMA CUPしかない。ひとつは全日本フットサル選手権。そしてもうひとつは、前橋育英招待だよ」 ま、当然嘘だし、PUMA CUPなんて他にもいっぱいありそうだけど。さて日曜日は高崎へ。もうひとつのPUMA CUPを観戦。もうひ…

Re-build レビュー -浦和戦

開幕戦は水曜アップ、第2戦は火曜アップ。右肩上がりの「やってみるさ」です(それでも遅ぇ)。 第2戦はさいスタで浦和と。結果はいろんな問題が吹き出し開幕連敗に。アウェーレッズ戦はホント、リトマス試験紙みたいだな、つーか勝ちてぇよ… ポジティブと…

これが今年やりたいサッカーで良いんですか? レビュー 新潟戦

今年もおなじみ出足の遅い当ブログ。ネタに走る事も出来るんだけど…やっぱりそれではイカンと開幕戦。開幕戦って場面設定と権田のデビュー戦って状況設定が鈍らせたけど、試合単体で観れば大ブーイングモノだったでしょう。ちなみにネタで走る場合は、Wエン…

日曜日の明大前が楽しすぎて大事なモノを見逃した

「浦和戦チケ取れなかったです〜」と世間話していたのが日曜。磐田戦のチケ発売に気付いたのがつい数時間前。チケ取りが究極に下手くそなCHONOですごきげんよう。チケット取れなくっても、なんともなーいない!ってことで、今年もLIVREさんの「第2回 青赤な…

全18クラブ シーズン大妄想(FC東京編)

まえがき ってことで、大妄想。最後は我らが東京です。JBアンテナ経由で来られている皆様お待たせしました。東京以外の妄想にはさぞかし興味がなかったかと思われます(笑) ただ、妄想するも何も自分は小平での水戸戦しか観ていないので、妄想ベースが変わ…

Who am I? I'm Spider-Man! TM -水戸戦

土曜日はTM水戸戦を見学に小平グランドへ。一度、強烈に「行かなくていいや〜状態」になってしまい布団に潜り直してしまったが(笑)、意を決して小平へ。しかしこれ、いやー行っておいて良かった。「去年からの継続」と思って行かないでおいたら後悔してた…

STOP! 養和TIME 新人戦 -三菱養和戦

日曜日にはギリギリスケジュールで新人戦を観戦。新人戦に勝つとどうなるのかがイマイチよく分かってないが(笑)とりあえずお披露目というか、成長を計る上での基準点というか、そのスタートラインを観るって気楽な感覚。よってスタメンは省略。内容も省略…

コ ノ ウ ラ ミ ハ ラ サ デ オ ク ベ キ カ -柏戦

思えばいつも同じ壁にぶつかっては散っていった。リーグ戦でも、天皇杯でも、もしかしたらナビスコもそうだったのかも。ぼんやりと、しかしハッキリとした壁にいつも挑み、しかし今年はとうとう突破する事が出来なかったわけである。 けど多少時間が経った今…

青赤サンタのお礼参り 天皇杯準々決勝 -清水戦

五度目の対戦は杜の都、仙台はユアテックスタジアム。シーズン5度の対戦ですら珍しいのに、舞台が味スタ日本平、だけでなく松本であり、そして仙台でもあったとはなかなか珍しい事だろう。そして、1ヶ月ぶりの出場と聞いて、ヤットのオフよりも休んでるだ…

いい日旅立ち 〜北へ〜

カネ無しはカネ無しなりに、しかし観光喰いもんに未練タラタラだとこういう選択になります。深夜バスにて、もうちょいで仙台へ出発です。 仙台行く人、訳あって行けない人、その他大宮行く人、名古屋行く人も。全ての青赤に幸福と口福が訪れますように。 ち…

質実剛健ファンタジー Jユース杯決勝T2回戦 FC東京U-18 - 京都U18

昨日の時点で「今日の深川がこの世代ラスト生観戦」そんな感慨に浸ってたくせに遅刻。初戦の試合、立ち上がりがいかに大事か…知っていたのに遅刻した原因は、ブクマしてたりラーメン屋に並んでたせいです。知ってますアホですよオレ。「麺処くるり」の味噌ラ…

劇場られてTENDERNESS -千葉戦 休載のお知らせ

最終節で力入れた文章に限って、ぽにゃん!と消えるっていうね。消失、書き直す気が失せてはや幾日。あぁ悔しい。もう結構忘れてしまいました、けど自身に結構ダメージ出かかったような気はします。CLまでの時間を利用して書こうとしていた破片を思い出せる…

Ceremonyは終わらない -新潟戦

前日に優勝の芽が摘まれ、しかし個人的にはこれでスッキリ出来た。思えば、『勝てば○○』という試合を繰り返してきた今季のFC東京。勝ち点を計算する「楽しみ」と、いざそれを抱えて試合する事の「重圧」。経験出来て分かった、雑音という名の大敵。そんな煩…

まだだ、まだ終わらんよ! -神戸戦

『GIANT KILLING』待望の初サイン会がJ最終節の試合中って、ありえねぇだろ!CHONOですこんばんは。ちなみに、中の人の生まれて初めてのサイン会は、おおひなたごうと田中圭一でした。今後の人生の程度は既にこの時点で予兆があったということか(笑) TV視…

ボール支配率31%からの優勝争い -G大阪戦

日曜日に行く予定の柏U18-浦和Y戦の後にBチーム戦があるらしくて小躍りしているCHONOですこんばんわ。気を取り直してTV視聴ガンバ戦。 表題通り、圧倒のボール支配率を相手に与え、それだけ頂ければ華麗で美しいフットボールをしてみせる大阪ガンナーズ。そ…

ジャイアントキリングはもはや前提に考えなきゃダメなんだろうな のんびりと-仙台戦

鍋が美味しい季節になりました。そんな中で今週のきょうの料理は鍋がテーマの一週間で、特に木曜日の「ピリ辛にんにくラーメン鍋」が何だか奇天烈で一度試してみたい感じでしたねぇ。他にもこの日の人はカレー鍋を発展させた「カレーフォンデュ」を紹介した…

ライバル不在のもどかしさ Jユース杯予選 -大宮戦

そういえば高円宮杯の準決勝、名古屋戦を振り返ってなかったのでここで簡単に。 チャンスだけ見れば前半の方が決定的な場面は多く、前半のあの場面が…と振り返りたくなるところだけど、東京らしいサッカーをやれていたのは後半の方だったと思う。 ボランチの…

言いたくなり始めたらキリがないくらいイイ試合だったからもうなんも言えねぇ! レビュー -鹿島戦

年に一度の味スタ劇場。『東京は止められな〜い』を再認識する記念日。こんな試合をされてしまうと、選手全員褒めたくなる。延々と語りたくなってしまう(ウザい)。なので、断腸の思いで3件だけ。 その1 このタイミングで初めて「完全復活」宣言 長友佑都…

思春期、東京 レビュー -大分戦

TV視聴。ウノゼロの美学にまんまとやられた。あぁ。 「3バックは時代遅れ」となって久しい現代日本サッカー。「4バックが好きだから」は異端な存在だったはずなのに。「フラットスリー」がやんやと持てはやされたのはたった6年前の話である。しかし今やど…