読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コバショー来年もヨロシク」のお話

2016年J1リーグ最終節、名古屋グランパスvs湘南ベルマーレの試合はスカパーLIVEで観ていた。同時キックオフでFC東京の試合ももちろん放送されていたけれど、それをセカンドスクリーンに追いやってまでこの試合を優先したわけだから、そこに「FC東京サポとし…

【書評】月刊トレーニング・ジャーナル2014年3月号 特集「膝の怪我に負けない」

サッカーの神様など居やしない。そう確信する所以は、無くなることのない「膝の怪我」の多さからだ。FC東京だけで見ても、ざっと挙げて石川直宏、米本拓司、森重真人、梶山陽平、さらには大竹洋平や、それこそ奥原崇まで。膝以外も含めていけば、苦い歴史は…

先を見据えた注目カード! プリンスリーグ関東1部第1節 マリノスY-湘南Y 三菱養和-市立船橋

相変わらずの酷い営業状態で申し訳ないですが、やれるところからやっていきます。既に先週の話になりますが、トーチュウモバイルさんでの「ユース座談会」とやらに、隅っこのほうでこっそりと参加させていただきました。かなりボリューミィで読み応えもあっ…

甲府戦坂本のロスタイムゴールという「必然」に繋がったロジカルな伏線

日曜日に長居でJユース杯決勝を観るために、土曜日からムーンライトながらに乗車しての移動だったんですが、その前に藤沢で湘南ベルマーレのJ1昇格記念祝賀会が開催されるということでそちらにもお邪魔してきました。何と馬鹿なスケジュールだとお思いの方も…

不成 関東大学一部 流経-筑波

きょうはたつのこフィールド。 ここ最近はベースとしても既に寒いのに、この日は分厚い雲に覆われて更に冷たい風も入り込んだ。本格的な冬支度が必要だと痛感するほどの寒さ。 我が国のサッカースケジュールは、寒さ残る早春にスタートし、ジメっぽい酷暑を…

高円宮杯準々決勝4試合完全レビュー!の予定でしたが…

予定を変更して3試合のみで。理由は分かるでしょ?まぁやる気なんてものはチンチンに無くなった罠(笑) この程度では技術はぶれない 米子北-三菱養和 会場のひたちなかはキックオフ時刻に近づくにつれ、強さを増す雨に加え、雷まで鳴り始めてしまった。さす…

シーズンも残り終盤戦のところで、日程とサカつくを思う

10月になってしまいました。驚くことにサッカーのシーズンもあとわずか。 まぁ自分的には毎年、選手権とインカレも楽しみにしているから、来年チョイ超すくらいまでシーズンは続くわけで。東京だけで見ても、元旦まで試合は続く。しかし、開幕節よりも最終…

ノーゲーム時の対策を怠ったJリーグ側の責任は大きい

本日は結婚式に出席してきまして。他人の幸せに自分も浮かれながら、結果ふらん腐乱の中でさっき帰宅して、まずはJの結果を確かめようかとパソコンを開いてみたら、驚いた。鹿島-川崎の首位決戦が、豪雨により中止。ノーゲームとなったらしい。とうとう、こ…

逆恨みで丸裸 プリンスリーグ関東 横浜FMユース-浦和ユース

日曜日はプリンスリーグを観戦に小机へ。あれ? そう、「超×∞」大事な東京ダービー「FC東京U-18-ヴェルディユース」を観に行かなかった。あんだけ宣伝しといて(笑)逆に東京ダービーではなくて府中のダービーに行っちゃったんだ、てへ!競馬の方のいつもの友…

敵を我に求められるか? 関東大学サッカー 流経大-筑波大

土曜日は大学サッカー。 会場であるたつのこフィールドには初めて足を運んだ。大学サッカーを多く観に行きたがる者としては、もはや大学サッカー界の巨人となった流経大の本拠地にはやはり一度は行っておきたかった。使用頻度の高さを思わせるボッコボコのグ…

関東大学1部 第2節 中央-早稲田 国士舘-東海

土曜日は国立ナイター前に駒沢でこちらを観戦。緑あふれる中でランニングやキャッチボールを楽しみ、サブグラウンドでは女子サッカーの試合が行われ、体育館では高校卓球の大会が開催されて(GWは卓球だ!)、そんな過去のオリンピックで生まれた財産で各々…

全18クラブ シーズン大妄想(下)

まえがき 横河グランドに行った土曜日に、今シーズンの選手名鑑を購入しました。 …そうです、こんな企画をやっていながら手元には選手名鑑が無かったんです。名鑑発売後にこの企画を始めたので、読んで下さる方々によっては「選手名鑑が出たのをきっかけに始…

東京第3勢力のアットホームな「分厚さ」 TM 横河武蔵野-筑波大

土曜日は横河グランドでの注目のTMを観戦。これは沖縄行けない寂しさを吹き飛ばす注目カードでしょ!(下)をひとまず置いといて先にこちらを。昨年は最終的にJFLにて7位となったものの、「Jの門番」としてリーグを大いに賑わせた横河武蔵野。主力選手が確…

全18クラブ シーズン大妄想(中)

まえがき 沖縄よりも横河グランド!!(ご挨拶)個人的に今年の観戦目標として、「相手をよく見る」というのがあります。サッカーを見に行く時には大体、目的とその対象物があって、その側に感情を大きく委ねて観戦します。だってその方が楽しいからね。感情…

全18クラブ シーズン大妄想(上)

まえがき 書く事がねぇ、書く事がねぇ。 この時期サッカーの試合なんて、どうせ「リゾート地」でしかやってくれないので(笑)日頃の行いが悪い自分の様な人間はサッカーが見れなくて困るわけです。そうなると、書く事が無くなる。別にココはサッカーに特化…

「プレッシャーとの戦いを楽しめるか?これを続けるのがプロである」 インカレ決勝 筑波大-中央大

まるでインカレ準決勝の流経大戦の続きを観ている様だった。溜まった疲労。ぶれる技術。ただ、この一勝、この舞台での勝利にはふさわしくなかった。ここまでだった。 相性から読みとれる戦前予想 対流経大戦で気にした様に、決勝でも対中大戦での相性を確認…

「ミラクル」へのプレビュー インカレ準決勝 流経大-筑波大

奇跡の3-3。そしてPKへ。その一部始終。 流通経済大 3(PK 3-4)3筑波大 28分:筑波大 9西川 46分:流経大 15船山 53分:流経大 15船山 64分:筑波大 11木島 66分:流経大 9池田 89分:筑波大 2野本 筑波のパス回しは単純。DFの間に顔を出し、パスを出したら動…

高校サッカーいろいろ 岐阜工-野洲

さてそろそろ溜まったネタを書いていきます。まずは高校サッカー、観てきたのはこの3試合。つか桐光が負けて正直気持ちは落ちてます(笑) 身包み剥がされたセクシーフットボール 12/31 岐阜工-野洲 野洲の坂本はエースストライカーとして多くのメディアで…

「ハラヒロミ独演会」書き起こし Jユース杯決勝HTにて

都市伝説・宇佐美貴史がスカパー中継に登場した大会となった今年のJユースカップ決勝。しかしそんな都市伝説のインパクトをさらに凌駕したのが、ハーフタイムにふらっと登場した「ただのサッカー好きのオッサン」。スカパー的には呼んではいないはず、解説は…

恐るべき監督・風間八宏 インカレ準々決勝 広経大-筑波大

仙台でナクスタ、そして名古屋の青赤っ子達の結果を気にしていた人は当然、多数いただろうが、恐らく筑波大の結果を気にしていた人はそう多くはないだろう。 今季のJが終了し、冬サッカーが本格的な到来。そこで自らの課題としていたのが主に、 桐光の躍進を…

ガンバ大阪ーマンチェスターU

ガンバとしたら、良い部分も悪い部分も、それこそ来季に向けた補強ドコロまで(笑)全てをさらけ出した試合に。世界一の物差しに計られて、ルーカスの実力も、聡太の苦手な形も、また加地の相変わらず「最初の山を越えねぇなぁ」ぶりも。 だからこそ3-5って…

鮮やかに緑、養和よりもふてぶてしく Jユース杯2回戦 ヴェルディY-三菱養和

おそばせながら、日曜日はJユース杯2回戦随一の好カードへ。 ここ最近、身辺関係うるさい緑さんですが。個人的に緑に対していつも思っているのは「青赤をヒールに仕立てればいいのに」って事。緑側の言い分一つで、いつでも青赤はヒールに、そして緑はベビ…

リアリティなフットボールはまだまだ続く… 冬サッカーへのお誘い

更新はまばらで。けど実はネタがあまりありません。いやネタはいくらでもあるんですけど、むしろありすぎるほどで、芸能・TVで一言部門ははてなハイクの方でやるかなぁ?と思案中。けどやり方がよく分からない。はてブ等自分の画像の作り方もよく分からない…

ボツネタまとめてこんにちは

ちょくちょく書いていたカタール戦については、結局ボツにしましたCHONOですこんばんは。 先週の日曜は結局ユースにもサテライトにも行かずに、久しぶりに「今日はサッカーはいいかなぁ」気分に。てなもんで、今週はあまり書く事もなくて。それでいて、冒頭…

選手権 東京都予選決勝 國學院久我山-駒澤大学 帝京-国士舘

鳥取に行きたくても行けない人だっているのです。 そんな自分は、西が丘に。冬の選手権、東京決勝。 フルハウスの西が丘。 正直、ビックリした。 バックスタンドは生徒・関係者の専用席で当然の満席。一般者その他はメインと両ゴール裏の半分ぐらいを使わね…

ライバル詣で Jユース杯 柏U18 - 浦和Y

テレビで「A女E女」ってフレーズを久しぶりに聞いて爆笑したCHONOです。ゴッドタン、テラアホス 気を取り直して、柏U18-浦和Y戦。 いい加減、寒さを馬鹿に出来なくなってきた ここまでのあらすじ。 FC東京U-18VS大宮Yの試合を観戦して、「この予選リーグにラ…

泣いて悔しがれるほどが出来たか? AFC U-19選手権

U-19日本代表終了のお知らせ。ワールドユース出場ならず。本当にありがとうございました。 東京サポな自分とすれば、大竹呼ばなかった時点で、無能の牧内さんのおかげで今や大竹はその後Jで2得点を決め、東京はめでたく今も優勝争い出来てますよといったと…

カップファイナルを無視して股旅フットボール KSL市原カップ一日目

大分のサポの皆様、おめでとうございます。東京サポ同士が11/3に結婚したがる様に、大分人も11/1に結婚したがる様になるのかな?とかくだらないことを考えてみたり。つか11月頭に式を挙げたがるサポってすげー多いんだろうな。かなりどうでもいい話ですが。 …

スパーズ(笑)

予想通り過ぎて噴いた。ホワイトハートレーンだねぇ、オレ達の三浦ヤスお父さんも言う様に「道筋が見えた」展開で。お疲れさまでした。

バカ試合を見た時のあの何とも言えないロスタイム

バカ試合出来るまでにスパーズは取り戻したって感じで。まぁ安心。つかノースロンドンダービーは鉄板だな、笑かしてくれるわ〜

関東大学一部リーグ 早稲田-東学大 流経大-中大

ダブルタイトルマッチで60分フルタイムドローは無しだよなぁ、和田京平に謝れ!ドッティ修司はベルト取り返してしまえ!!(ご挨拶) 枯れた喉。しかしその前にとりあえず、きのうの2試合を簡単に。関東大学一部リーグ「早稲田-東学大」「流経大-中大」 早…

決勝翌週の黄金カード Jユース杯予選 浦和Y-柏U18

ワーストに近い観戦条件、朝早ぇよ! 所詮は大分に行けなかった負け組サポな自分である。重ねて密かに画策していた山形遠征も断念した自分である。関東を抜け出せていない自分に情けなさを感じつつ、その溜まったものをぶつけてやろうぞ!と勢い付けて向かっ…

誰が何と言おうと、周りは気にせず「エリートフットボール」 クラ選準決勝 柏-G大阪

第2試合は柏-ガンバ。本日のメインイベント。東京ダービーなんて所詮、前座なのです(笑) 嘘ではない。第2試合開始までの長いインターバル、スタジアムを闊歩すると聞こえるのは宇佐美、宇佐美、宇佐美…試合中は固唾を飲んで見守る観客。HTに入ると緊張か…

三ツ沢経由ロンドン行き クラ選@Jヴィレッジ ダラダラ記その2 と今日の見どころ

アルヘン戦からそのまま直行でマンガ喫茶に泊まろうと思っていたが、あのずぶ濡れ雷雨だったために一度帰る必要が出てしまった。シャワー浴びて着替えて、終電近くでまた新宿へ。 その1で書いた様に、我が家からの始発で行ってもJヴィレ到着は11時過ぎ。…

三ツ沢経由ロンドン行き クラ選@Jヴィレッジ ダラダラ記その1

日曜日(大会2日目)と水曜日(準々決勝)はJヴィレッジでクラ選観戦。もちろん18きっぷで。京都に続いて「始発のために寝ず→始発乗ったらとりあえず寝る」。鈍行電車に30時間は乗ってますね、本読みまくり、最近からだが何かおかしい(笑) けど、面白…

事の重大さを認識して舵切っているならば凄いよ浦和サポは

レビューでは東京のことを書くつもりなので、浦和のことをこちらでちょろっと(往々にしてこちらがメインになっちまうわけだけど) ここ最近の浦和の騒動については、本当に今更感が否めない。今更そこに文句が出るの?って話。中村修三GMに対する批評がどこ…

掴みきれず、停滞 湘南-山形

今更ながら、先週水曜日の湘南-山形戦から。 超個人的事情がきっかけで、J2では湘南と山形を気にしながら追いかけている。その両者は共に昇格争いのメインキャストを堂々と演じ続けていると言えよう。しかし、湘南は連敗、山形は連勝ストップとネガティブな…

国際Aマッチのトラウマはまだまだ続く

得点後の浮かれたアンセムと、試合終了後のGO WESTと、そして何よりヒディングの憎たらしい面。見るたび聞くたびにイラッときてどんよりした気分になるのは2年経っても全く変わりなし。 さて、ロシアースペインですか。言うことが妙に的を射ていて腹が立つ…

上昇気流を取り戻すためのリバウンドメンタリティを プレビュー 湘南-山形

中断期間もとうとう終わった。 厳密には再会初戦の日曜日が中断明けとも表現できるだろうが、その日曜千葉戦へと向けたウィークデイの準備から、そう、小平からJは始まっているのだ。そうだと思うと気が気ではない。エメカボのホットラインがホンモノか、ま…

こんな中断でもガス欠中 〜補充あれこれ〜

暇である。やることは勿論人並みに詰まっている(はずだ)が、FC東京の試合が無いというだけでもはや非常に暇なのである。恐るべし中断期間。この程度で禁断症状が出てくるのだから、やはり自分もただのサカヲタであり、ただのヲタである。 補充案件その1 E…

サイクロンを打たないつばさくんをオレは認めない

FC東京ホットラインでオレ達の佐原が、サッカーを始めるきっかけとしてキャプテン翼を挙げてて、「翼くんになりたかった」的なことを言っていた。それを聞いて、そういえばオレのサッカーの源流もキャプテン翼だったなぁと思い出した次第。 勿論、テクノ制作…

『進化論』じゃないけど EURO08 オランダ-イタリア

進化論としてEURO08が、例えば10年前を基準として一番遠い位置にまで進化がされているとしても、その進化の方向というかベクトルの向きって果たして本当に正解なんだろうか?ってのは開幕戦を見て感じた正直な感想だった。フルスロットルからアジャストされ…

ガチンコの首位決戦 流経大-国士舘大

16日は大学サッカーへ。 今年度の関東リーグは何げに初観戦。小平のTMとかで流経大は見ていたけど、公式戦では初めまして。08モデルの流経大を楽しみに駒沢第2へ向かった。相手は国士舘大。特に感慨はなかったが、前日に現在首位だという事を知ってからは意…

偶然性を論理的に ウィガン-マンチェスター・U

中の人がこよなく愛する漫画『ファンタジスタ』その中でも、作品中でも重要なテーマの一つである「ファンタジスタを使いこなせ!」のくだりが大好きで。以下11巻より抜粋。 的確にボールをさばき、リズムを作り…ゲームを作る。ファンタジスタのいないチー…

「中央」で振るう攻撃のタクト 流経大の一本目

宿題をコツコツと片づける。先週木曜日の流経大について。 ただ宿題とは言っても、苦にならないくらいに面白いトピックだったから問題なし。でも今や新しいトピックは佐川印刷戦でしょうからぁ、こっちは気ままにレポるのさぁ(amakuriさんへのプレッシャー…

敵情視察 東京V-磐田 @味スタ 観客は5660人

今年はちょくちょくお世話になるヴェルディさんと、日曜日にお世話になる磐田さんをどうせだから観ておこうかと味スタへ。東京実況スレで一人淋しくのんびり実況しながら敵情視察。 とにかく寒い。なかなかの強さな雨と強烈な風で寒さがたまらない。しかしだ…

浦和レッズ「学級崩壊 のち ゆとり教育」?

しかし浦和レッズの監督交代には驚いた。 去年の浦和があれだけ成功した要因のひとつとしては、「周囲が内容に文句を言わなかった」という点があったと思う。去年の浦和はポンテ・ワシントン・達也の3人だけで点を取ってた様な淡泊なスタイルで、周りから観…

Numberの闘莉王とか啓太とかの表紙と同じ類の驚き

Tarzan (ターザン) 2008年 3/12号 [雑誌]出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2008/02/27メディア: 雑誌 クリック: 6回この商品を含むブログ (3件) を見る

元湘南・山形の外池、(株)電通に就職

湘南、山形を中心に多くのクラブを渡り歩いてきたが、昨年プロサッカー選手からの引退を発表した外池大亮。そんなトノが引退後の進路として、(株)電通への就職を決めた。 久々の馬入グラウンド Tonoike.Net こちらのベルマーレサポさんのブログで言われて…

相変わらずツメが甘い、なんて事にはならないだろうか?

あしたのボスニア・ヘルツェゴビナ戦でオシム登場?何だか美談を良い様に利用した川淵って図式がありありと見えるけど。 けど何となく、ホントにオシムに喋らせたら、川淵の戦略のナナメ上にぶっ飛んだ発言をオシムがしちゃいそうな気もしないでもなくて。相…